TOP > マニアーナ! > まゆみん解説 亀の飼育 大辞典道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 まゆみん解説 亀の飼育 大辞典道場

亀を飼う前に知っておくべきことと飼う前の準備 まとめ 【2020年版】

◇評価 5ポイント
◇閲覧回数 670
◇登録日
2020年8月5日

Check

前のネタへ
次のネタへ



亀を飼う前に知っておくべきこと・飼うための準備まとめ


「亀を飼いたい」と思ったとき、知っておくべきことや用意するもの、飼い主としての心がまえなど、亀を飼うための準備についてです。


これから亀を飼われる皆さんは、是非ご覧ください。






■亀を飼う方法・事前準備


亀を飼う方法でもっとも一般的なのは、ホームセンターやペットショップの購入。亀の種類や生態についてよく知ったうえで、どの種類の亀を飼うかを決めます。飼育用品をセッティングしてから、亀をお迎えするのが理想的です。


1、亀についての知識を深める
2、どの種類の亀を飼うか決める
3、飼育用品を購入し準備する
4、亀をペットショップで購入する

→ 亀を飼うのに必要なものは? 飼育用品まとめ





■亀を飼う前に知っておくこと


「亀は万年」ということわざ通り、とても長生き。生涯にわたる「人生のパートナー」となりうる動物で、そこが大きな魅力でもあります。しかし、その反面、飼いきれなくなった外来種の亀たちが大量に遺棄され、大きな問題となっています。軽い気持ちでの衝動買いは、絶対にやめましょう。


○寿命は30年〜50年以上
クサガメ・イシガメ・ミドリガメなどの亀たちの寿命は、上手に飼うと20〜50年以上とされます。飼い主のライフスタイルが変化しても、最後まで責任もって飼育できるかどうかが大切です。

○どこまで大きくなるか?
5cmほどの亀たちは、2〜3年で15〜20cmほどに成長します。オスかメスか、また、種類によっても成長する大きさは異なりますが、どのくらい大きくなるか調べた上で飼育を。

○日々の水換えが重労働
亀は、3日に1回は水換えが必要。水の入った水槽やケースは重く、水換えはなかなか大変です。汚れた水を流したり、水槽を掃除できる場所や環境があるかどうかも大切です。

○何十年とお世話が続く
餌やり・日光浴・水換えなど、毎日のお世話が何年も続きます。犬や猫などと比べて圧倒的に寿命が長いので、とにかく気長に動物と向き合える方が飼育に向いています。



以上が、亀を飼う前に知っておくべきことです。日々の世話は大変なこともありますが、亀との暮らしはそれ以上の喜びや発見が待っています。一緒に、素敵なカメライフを送りましょう。



◆解説者◆ まにあ道 公式タレント まゆみん

アメブロ マニアーナ!公式ブログ まゆみんぶろぐ
Twitter まゆみん@maniana_mayumin

Amazon.co.jp 亀 飼育 おすすめラインナップ!

ミズガメのいろは
水辺のカメ
を楽しむ本

【Prime】

水質調整剤
ジクラウォーター
かめ用250ml

【Prime】
テトラレプト
フレッシュ250ml
水質調整剤

【Prime】
ジェックス
カメ元気
オートヒーター

【Prime】
汚れを抑える
キョーリン
カメプロス 70g

【Prime】

【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆
【キーワード】

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。

新着クイズ

もっと見る

新着掲示板

もっと見る