TOP > マニアーナ! > まゆみん解説 亀の飼育 大辞典道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 まゆみん解説 亀の飼育 大辞典道場

亀の熱中症 おもな症状・治療・応急処置 まとめ【2020年版】

◇評価 166ポイント
◇閲覧回数 189,971
◇登録日
2012年8月7日

Check

前のネタへ
次のネタへ




亀・リクガメの熱中症について


変温動物である亀やリクガメは、暑さに弱く熱中症にかかりやすいです。

夏の飼育の注意点・症状・飼い主の応急処置などをご紹介します。

飼っている亀の様子や行動で、以下のものがないかをチェックしてください。








■亀の熱中症について


亀は、変温動物です。自力で体温調節ができず、気温にあわせて体温が上下します。水槽の中は熱がこもりやすく、高温になります。水棲ガメやリクガメたちの適温は、25〜30℃前後。30℃を越える日は、注意が必要です。





■熱中症の症状・対処法


水棲ガメ・リクガメ、どちらもおもな症状や対処法は共通です。これらの行動や症状が見られるとき、熱中症の可能性があります。早めに応急処置をとってください。


○熱中症の一歩手前
亀は、水槽やケージ内の温度が上がると必死に逃げ場を探します。その様子が、「暴れている、脱走しようとしている、運動している」ように見えるため要注意です。

○熱中症のおもな症状
食べた餌を吐いた、動きが鈍い、ぐったりして動かない、口や鼻から泡をふく

○熱中症の応急処置

風通しの良い日影へ移動させ、ぬるめの水をかけ、ゆっくり体温を下げます。冷水をかけるのは避け、常温に近いぬるめの水をかけます。ぐったりしているときは、濡れタオルに亀を包んで動物病院で蘇生処置を受けます。





■亀の熱中症対策 一覧


○水槽は風通しよい日影へ
水槽やケージは、夏は必ず日影に置いてください。亀は、日影で風通しの良い場所を好みます。ベランダなど、高温で日光が当たる場所は避けましょう。

○日光浴にこだわりすぎない
日光浴をさせることに気を取られがちですが、夏は、「曇りの日に30分ほど歩かせる」「時間帯によっては陸に日がうっすら当たっている程度」でも問題ありません。

○クーラーは28℃前後に
亀の水槽を、締め切った部屋に置くのは危険です。室内での飼育は、風通しを確保してください。クーラーを使うときは28℃前後に。水槽やケージに直風を当てないよう注意。

○日中は亀を外へ出さない
夏の間、日中に亀やリクガメを散歩させるのは避けましょう。コンクリートやアスファルトの地面は大変高温で、亀に直接熱が伝わります。やけどや熱中症の原因になります。



以上が、亀が熱中症にならないための夏の飼育ポイント。日影で風通しの良い場所で飼育し、亀の様子がおかしいときは、早めに応急処置をとりましょう。



◆解説者◆ まにあ道 公式タレント まゆみん

アメブロ
http://ameblo.jp/maniana-mayumin/
Twitter http://twitter.com/maniana_mayumin




Amazon.co.jp   〜 亀 飼育用品 おすすめラインナップ! 〜

うちのカメ
オサムシの先生
カメと暮らす
¥2,200(税込)
乾燥川エビ
カメの
ごほうび 12g
¥480(税込)
水の汚れを抑える
キョーリン
カメプロス 70g
¥735(税込)
ジェックス
カメ元気フィルター
¥1,760→¥930
【47%OFF】
テトラレプト
フレッシュ 250ml
¥1,199→¥695
【42%OFF】

【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆
【キーワード】

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。

新着クイズ

もっと見る

新着掲示板

もっと見る