TOP > マニアーナ! > まゆみん解説 亀の飼育 大辞典道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 まゆみん解説 亀の飼育 大辞典道場

【亀の冬眠】亀を起こす方法と冬眠明けの飼育 まとめ【2021年版】

◇評価 255ポイント
◇閲覧回数 262,485
◇登録日
2011年3月22日

Check

前のネタへ
次のネタへ


クサガメ・イシガメ・アカミミガメなどの亀たちの冬眠期間は、11月〜3月。亀の冬眠の終わりについて、よくある疑問・質問まとめです。


亀を目覚めさせる方法、冬眠明けの飼育、餌をあげるタイミングをご紹介します。





■亀の冬眠の終わりは?


3月に入ると、亀が起きてゴソゴソ動き出す音が聞こえてきます。無理に亀を起こさず、自然に任せるのがポイント!


●冬眠が終わる時期は、2〜3月頃
亀が起きるのは、春先の3月上旬〜下旬。最近は、暖冬のため冬眠期間が少しづつ短くなってきています。

●15℃を超えたら亀が起きてくる
日中の気温が15℃を超えるあたりで目覚め、活動を始めます。おおよそ3月中に冬眠を終えると理想的です。

●亀が自然と目覚める環境にする
日中15〜20℃近くになったら、亀の冬眠用水槽を、明るく暖かい場所へ移動させて様子をみてください。

●寒いのに起きてしまったときは?
暖冬で暖かい日が続くと、冬眠中の亀が起きてしまうことも。1〜2月の寒い時期は、寒くなると再び冬眠に入ります。そのまま様子をみてください。




■冬眠明けの飼育方法


【1】目覚めたあとの脱走に注意!
亀が目覚めたら、早めに元の飼育水槽へ戻します。屋外で冬眠させている場合、脱走しやすいため注意!

【2】餌は様子を見ながら少しずつ!
餌はいきなり与えず、少しずつ。20℃以上の暖かい日が2〜3日続くタイミングで餌を与えるのがベスト。

【3】冬眠明けは普段通りの飼育を
亀が冬眠から目覚めたら、いつもの飼育を。餌やり・掃除・水換えなどのお世話は毎日行います。

【4】必要に応じてヒーターで保温
春は、寒暖差が激しいです。冬眠後になかなか餌を食べないときは、水中ヒーターで水温25℃前後を保つと、餌の消化吸収がしっかりとできて元気になります。




(2021年2月10日 改訂)

解説:
まゆみん(まにあ道 公式タレント)


アメブロ マニアーナ公式ブログ まゆみんぶろぐ
Twitter まゆみん@maniana_mayumin



Amazon.co.jp

Amazon限定!
トレビオ
乳酸菌配合の
カメのエサ
¥786
【prime】
保温球・UV用!
ライトスタンド
ビバリア 太陽
NEO
¥2,000
【prime】
26℃設定!
テトラ レプト
ヒーター50W
(安全カバー付)
¥1,591
【prime】
かめの回復に!
ビタミン剤
テトラ
レプチゾル
¥929
【prime】
プレミアム食!
かめ テトラ
レプトミン
スーパー 310g
¥1,259
【prime】

【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆
【キーワード】

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。

新着クイズ

もっと見る

新着掲示板

もっと見る