TOP > マニアーナ! > まゆみん解説 亀の飼育 大辞典道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 まゆみん解説 亀の飼育 大辞典道場

亀が冬眠から起きる時期はいつ?冬眠明けの飼育まとめ!

◇評価 260ポイント
◇閲覧回数 299,170
◇登録日
2011年3月22日
まゆみん
まゆみん
道場主

Lv.89

Check

前のネタへ
次のネタへ




クサガメ・イシガメ・アカミミガメなどの亀たちの冬眠期間と時期は、11月〜3月。亀の冬眠の終わりについて、よくある疑問・質問まとめです。



・亀の冬眠はいつ起きる?起こす方法は?
・冬眠の終わりはどのタイミング?
・途中で起きてしまったときは?
・冬眠明けに気をつけることは?
・餌をあげるタイミングはいつ?



など、冬眠明けの春の亀の飼育と注意点について解説します。





■亀の冬眠の終わりはいつ


地域によりますが、亀が目覚めるのは春先の3月。日中の気温が15℃を超えるあたりで目覚めます。ただし、最近は暖冬で冬眠期間が少しづつ短くなったりズレてきています。





■よくある疑問質問まとめ


1、寒いのに起きてしまったときは?
暖冬で暖かい日が続くと、冬眠中の亀が起きてしまうことも。1〜2月の寒い時期は、寒くなると再び冬眠に入ります。体に異常がなさそうであれば、そのままそっとしておきます。

2、亀は起こして良い?起こし方は?

日中15℃近くになると、亀が自然に起きます。無理やり起こさず、自然に任せるのが理想的です。

3、冬眠終わりのタイミングはいつ?
亀が目覚めてガサゴソ動き出したときが冬眠終了。亀が起きたら、早めに元の水槽へと移します。




■冬眠明けの脱走に注意


亀が目覚めたあとの脱走が多いです。庭やベランダなどの屋外で冬眠させていると、レンガ・落ち葉・他の亀を踏み台にして脱走する事故が多いため要注意!





■冬眠明けの亀の飼育方法


亀が冬眠から目覚めたら、いつも通りのお世話が必要。餌やり・日光浴・水換えをスタートします。


◯亀に餌をあげるタイミングは?
いきなりたくさん与えず、20℃以上の暖かい日が2〜3日続くタイミングで餌を与えるとよいです。

◯水中ヒーターでの保温は必要?
春先の15℃前後の温度は、亀にとって「冬眠には暖かすぎて、餌を食べて活動するには寒すぎる」という温度。何も食べずに動き回る状態が続くことは、亀の体にもっとも負担がかかります。

外気温が20℃以上になるまで、ヒーターで25℃前後を保つと安全です。





(2022年2月17日 改訂)

解説:
まゆみん(まにあ道 公式タレント)


YouTube まゆみんの「まにコスちゃんねる」
Twitter まゆみん@maniana_mayumin


Amazon.co.jp



水ぬき栓つき!
水槽・ビオトープ
トンボ ジャンボ
タライ

【prime】

水質調整剤
ジクラ
ウォーター
カメ用

【prime】
28℃設定!
GEX
カメ元気
オート
ヒーター

【prime】
26℃設定!
テトラレプト
ヒーター
安全カバー付

【prime】
【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆
【キーワード】

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。

新着クイズ

もっと見る

新着掲示板

もっと見る