TOP > マニアーナ! > まゆみん解説 亀の飼育 大辞典道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 まゆみん解説 亀の飼育 大辞典道場

【リクガメを飼う前に】飼育前に知っておくべき情報と心構え

◇評価 10ポイント
◇閲覧回数 1,742
◇登録日
2020年4月12日

Check

前のネタへ
次のネタへ



リクガメを飼う前に知っておくべきこと



リクガメを飼いたいと思う方必見!リクガメをお迎えする前に、「知っておいた方がよい情報」「心構え」をご紹介します。

餌、電気代、何年生きるのか、世話にかかる手間暇、注意事項など、お迎えするのに事前に知っておくべきことが分かります。

「こんなはずではなかった」と後悔することのないよう、事前にしっかりとシュミレーションされることをおすすめします。






1、何十年にわたって飼育費用がかかる

リクガメの寿命は大変長く、30〜50年以上。その間、毎日の電気代・床材代・餌(野菜代)が必須。また、日々のお世話も何十年と続けていかなければなりません。病気や怪我をすれば、動物病院で万単位でお金が飛ぶことに。


2、ライフスタイルが変化しても飼育可能か

飼い主のライフスタイルは、常に変化し続けます。進学・転勤・結婚といった「飼い主の人生設計」もある程度考えた上で、お迎えのタイミングを。自分自身の生活環境を考え、飼育可能なサイズのリクガメを選ぶことが大切です。


3、体温調節ができず電気代は年中かかる

爬虫類であるリクガメは、変温動物。食べ物を消化吸収し、健康に活動するための適温は、25〜30℃。人間と同じように「冬は保温・夏は涼しく」が基本。夏の間は熱中症になりやすく、外出時はエアコンつけっ放しになります。


4、小型種はウサギ・大型種はヒツジと同じ

リクガメを飼うイメージは、よく他の草食動物たちと比較されます。餌の量・破壊力・排泄物の量も含めて、小型種のギリシャやヘルマンは「ウサギ」。大型種のケヅメやヒョウモンは「子ヒツジ」を飼うのと変わらない認識が必要です。


5、一部屋分ほどの飼育スペースが必要

リクガメと、常に同じ部屋で生活を共にするのはなかなかハード。90〜120cm水槽を置けるスペースの部屋が必要です。室内で排泄をすると、ニオイがこもったままになります。(苦笑)生活スペースは分けるのがおすすめです。


6、歩くガタガタ音・階下への騒音に注意

昼夜問わず、ケージ内でガタガタ暴れることも。夜中に暴れると、飼い主もなかなか眠れません。(苦笑) 特に、周囲や階下への振動がとても伝わりやすいです。壁の薄い賃借での飼育には、細心の注意が必要です。


7、リクガメを診てもらえる病院が少ない

リクガメや爬虫類を診察できる動物病院は、まだまだ少ないです。地方では、都会まで出ないと病院が見つからないケースも。近くに、リクガメ(爬虫類)を診察可能な病院があるかどうかを調べておく必要があります。



以上が、「リクガメを飼う前に知っておくべき情報・飼育の心構え」になります。リクガメとの暮らしは大変なこともありますが、他の動物たちとは一味違った楽しみや喜びもたくさんです。飼育を検討中の皆さんは、是非、以下の記事もご覧ください。


→ 【リクガメを飼う前に】 リクガメ飼育のメリット 魅力と特徴まとめ
→ 【リクガメを飼う前に】 飼育前に知っておくべき情報・心構え
→ 【リクガメを飼う前に】 リクガメ飼育で予想外に大変だったこと




【解説者】 まにあ道 公式タレント まゆみん

公式ブログ: 
http://ameblo.jp/maniana-mayumin/
公式Twitter: http://twitter.com/maniana_mayumin



Amazon.co.jp  〜 リクガメ飼育グッズ おすすめラインナップ 〜

リクガメ。
幸せに暮らす
飼い方・育て方

¥1,484(税込)
紫外線ライト
レプタイルUVB
100 26W

¥1,827(税込)
爬虫類用床材
ヤシガラ
ハスクチップ10L

¥1,288(税込)
ジェックス
ヒートグロー赤外線
保温球 ランプ 50W

¥1,145(税込)
ジェックス
イージーグロー
サーモ

¥3,000(税込)

【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆
【キーワード】

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。

新着クイズ

もっと見る

新着掲示板

もっと見る