TOP > レジャー・アウトドア > 黒川温泉道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 黒川温泉道場

黒川温泉から阿蘇山へ足を伸ばしてみよう!

◇評価 20ポイント
◇閲覧回数 22,430
◇登録日
2009年5月30日
Seaview
Seaview
道場主

Lv.47

Check

前のネタへ
次のネタへ
黒川温泉は熊本県にあります。
そして、黒川温泉は阿蘇くじゅうデザイン会議に参加しており、
阿蘇くじゅう地域の一体化した観光振興に協力しています。

そして、黒川温泉は阿蘇外輪山の北側に位置しています。
ですから、阿蘇山から比較的近い位置関係なのです!!



阿蘇山は世界最大のカルデラで知られています。
カルデラというのは火山が噴火したあと、
火口の周辺が陥没してできたくぼ地のこといいます。



そして阿蘇山は現在も活動を続けており、
噴火こそしていないものの、火口付近では火山性ガスを噴出しているのです。

黒川温泉からは、阿蘇山に簡単に行くことができます。
もし、JR熊本駅や阿蘇くまもと空港に午前中に到着したら、
九州横断バスに乗車することをお勧めします!
(黒川温泉発の逆ルートも可能です!)



多くの九州横断バスは阿蘇山をのぼっていきます。
このうち、別府・黒川温泉発の4号と
熊本・阿蘇くまもと空港発の7号の2便については、
火口近くの阿蘇山西バス停では90分間の観光時間があり、
(渋滞などで遅れた場合は短縮する場合あり)
ロープウェイで火口に行ったり(別料金・あそ号利用者は1割引)、
食事(料金込み)を楽しむこともできます。



また、火口から少し離れた草千里(くさせんり:写真左)には、
阿蘇火山博物館(写真右)があります。
http://www.asomuse.jp/
ここでは火山の成り立ちについて詳しい展示がなされています。
また優秀な学芸員(博士号取得者もいる!)もいらっしゃるので、
専門的な情報を得ることもできます。

観光が終わって九州横断バスに再び乗車すると、
黒川温泉(7号)や熊本方面(4号)へそのまま向かうことができます。

九州横断バスの詳細については、
運行事業者である九州産交バスでご確認ください。
なお4号と7号については、前日までに予約が必要です。
http://www.kyusanko.co.jp/sankobus/kyushu_odan/

クルマで行く場合は、まず「道の駅阿蘇」を訪ねてください。
ここはNPO法人ASO田園空間博物館が運営しています。
http://www.aso-denku.jp/
国道57号線沿いにあるこの道の駅は、
阿蘇山の東登山道の入口という便利なロケーションに位置しています。
JR阿蘇駅も目の前にあり、公共交通機関でも利用できます。

この「道の駅阿蘇」では、阿蘇山を中心にして、
阿蘇市内を広範囲に案内しています。
地元産の農産物や、地元のお土産も販売しています。
詳細な情報提供ができますので、是非お立ち寄りください。
【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。