TOP > マニアーナ! > まゆみん解説、亀の飼育 大辞典道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 まゆみん解説、亀の飼育 大辞典道場

リクガメの爪切り・くちばしの手入れ 〜動物病院だといくら?〜

◇評価 10ポイント
◇閲覧回数 2,400
◇登録日
2017年9月30日

Check

前のネタへ



病院のカット代はいくら?

リクガメの飼育で気にかかる、爪切りやくちばしの手入れ。特にくちばしは、「自分でやすりやリューターで削る」という器用な飼い主さんもいらっしゃいますが、自分でやるのはハードルが高い!(汗)

成長したリクガメさんは、爪もくちばしも硬い上に、暴れる力も強く、至難の業。躊躇しちゃう飼い主さんも多いのではないでしょうか?


リクガメの爪切りとくちばしカットを病院でやってもらう値段や、「セルフカット」と「病院でのお手入れ」それぞれの、メリットや違いについてご紹介します。




◆動物病院のお手入れ


まずは、動物病院の先生に診ていただきます。体重を測り、爪切りへ・・・。(汗)

・爪切り
先生から頼まれ、私がとらじろうを押さえて先生がカット。止血して消毒し、終了。
病院で使用していた止血剤は、私が普段使っている「クイックストップ」!同じ!

・くちばし
とらじろうのみそのまま奥へと連れて行かれ、私は待合室で待つこと約10分。
専用の機械(?)で削っていただき、看護士さんに連れられて戻ってきました。



◆病院でかかった費用は?





今回、初めて行く動物病院だったため、初診料が1,000円かかっています。
爪切り500円・くちばし削り2,400円。全て合わせて、税込み4,212円でした。

爬虫類の病院だし、10,000円ほどかかるかと思っていたのでリーズナブル!



◆動物病院のメリットは?


・失敗等のリスクがない
やはり、これに尽きます・・・(笑) 特に、成長した大型リクガメさんの場合は、
自分一人では不可能な作業やお手入れも、きちんとしていただけます。

・直接診てもらえること
リクガメの健康状態や飼育方法も含めて、分からない事や不安な事があれば、
その場で先生に診てもらいながら、飼育のアドバイスもいただけて安心です!



◆セルフと病院の違いは?


自分でセルフカットするのと、二人がかりでカットするのとでは大分違いました。
切る時はどうしても力がいるし、二人だとしっかり支えられて安全。心強いです。

くちばしも、リーズナブルで安全に削ってもらえて、非常に助かりました・・・!
削らせてくれるカメさんもいますが、ヘルマンのくちばしはとても硬く、無理(汗)
自分で無理な場合、病院でカットしたり削ってもらうのが安心でおすすめです。

今回、自分が色々調べて選んだ止血剤が、動物病院でも使われている事を知り
「自分の選択が間違っていなかったんだなぁ」と分かって、ホッとしたり。(笑)

セルフも良いですが、病院へ行くことで色々な情報を得ることが出来るかも!?
状況に応じて、セルフと動物病院どちらも経験してみるのも良いかもしれません。



カメさんのお手入れをしっかりとして、ステキなカメライフを〜。まゆみんでした。



解説者  まにあ道専属タレント まゆみん

マニアーナ!公式ブログ :http://ameblo.jp/maniana-mayumin/
マニアーナ!公式Twitterhttp://twitter.com/maniana_mayumin



Amazon.co.jp 〜 カメ書籍・飼育グッズ おすすめラインナップ 〜

改訂版
リクガメの飼い方
(飼育・餌・病気)
¥1,400(税込)
乾湿両用ヤシガラ
ハスクチップ10L
¥1,058→¥730
【30%OFF】
GEXレプタイル
UVB150 26W
¥3,218→¥2,290
【25%OFF】
GEX クリップスタンド
グロースタンド
¥3,542→¥2,322
【35%OFF】
GEX タイマーサーモ
(照明用タイマー付)
¥17,064→¥8,256
【50%OFF】

【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆
【キーワード】

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。