TOP > 学問・研究 > 古代文明道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 古代文明道場

【世界の七不思議】オリンピアのゼウス像

◇評価 69ポイント
◇閲覧回数 32,234
◇登録日
2008年7月5日
エイリアンぐれい
エイリアンぐれい
道場主

Lv.67

Check

前のネタへ
次のネタへ
オリンピック発祥の地として知れれるオリンピュア。
この聖地には、かつて絢爛豪華なゼウス神像が存在していた。

天才彫刻家フェイディアスにより、紀元前430年代に制作が始められた神像は、
完成までに約10年を要したという。

玉座に腰掛けた形で安置されたゼウス像は、高さ約12m。
身体部は象牙製、着衣や装身具は黄金製で、黄金を張った木製の玉座表面には
宝石、象牙、黒檀などの象眼細工が施されていた。

最深部にゼウス像を収めた神殿も華麗そのものだった。
紀元前456年に完成したこの神殿は総大理石製で、窓は無く、長辺64m、
短辺27m、合計34本のドーリア式円柱が屋根を支えていた。

加えてフェイディアスは、神殿に仕掛けを施した。
ゼウス像前に池を掘り、オリーブ油を混ぜた水を張った。
唯一の採光源である入り口から差し込んだ光が、池の表面で反射して、
神像をより神々しく輝かせるというものだった。

しかし、のちにこのゼウス像は失われてしまう。
詳細は不明だが、4世紀頃にコンスタンティノープルに運ばれ、
火災で焼失したとも、または5世紀までオリンピアにあったが、
地震で損壊したともいわれている。

確かなのは、426年にローマ皇帝の命により、
神殿が破壊されたということだけである。

オリンピアのゼウス像
Google Earthの座標〈37°38'13"N,21°39'39"E〉
【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。

新着クイズ

もっと見る

新着掲示板

もっと見る