TOP > 学問・研究 > 古代文明道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 古代文明道場

【旧約聖書の真実02】バベルの塔

◇評価 11ポイント
◇閲覧回数 39,475
◇登録日
2011年6月10日
エイリアンぐれい
エイリアンぐれい
道場主

Lv.67

Check

前のネタへ
次のネタへ
旧約聖書の「創世記」に「バベルの塔」という巨大な建造物の記述が登場する。
では、実際の記述を見てみよう。


画像左:ブリューゲル「バベルの塔」

旧約聖書 創世記11章1−9節

世界中は同じ言葉を使って、同じように話していた。東の方から移動してきた人々は、シンアル(シュメール)の地に平野を見つけ、そこに住み着いた。彼らは、「れんがを作り、それをよく焼こう」と話し合った。石のかわりにれんがを、しっくいの代わりにアスファルトを用いた。彼らは、「さあ、天まで届く塔のある町を建て、有名になろう。そして、全地に散らされることのないようにしよう」と言った。

主は降って来て、人の子らが建てた、塔のあるこの町を見て言われた。「彼らは一つの民で、皆一つの言葉を話しているから、このようなことをし始めたのだ。これでは、彼らが何を企てても、妨げることはできない。我々は降って行って、直ちに彼らの言葉を混乱させ、互いの言葉が聞き分けられぬようにしてしまおう。」主は彼らをそこから全地に散らされたので、彼らはこの町の建設をやめた。

こういうわけで、この町の名はバベルと呼ばれた。主がそこで全地の言葉を混乱(バラル)させ、また、主がそこから彼らを全地に散らされたからである。



以上が、創世記内におけるバベルの記述である。


■バベルの塔は実在したのか?バベルの塔の比定地はどこか?
バベルとは、「神の門」という意味を持っていて、メソポタミア地方に存在し、後世のギリシア人から「バビロン」と呼ばれた。発掘調査から塔の遺跡も出土しており、この塔は一辺90mの正方形の第1段から段階状に8段に積まれた高さ90mのレンガ造りであったようだ。これは「ジッグラト」と呼ばれる神殿で、メソポタミア各地に約40基ほど発見されている。

バベルの塔のモデルと
される遺構の写真
復元想像図CGによるバベルの塔と周辺図

 
超古代文明の謎を解明せよ!



完全版
世界の超古代文明FILE
(ムーSPECIAL)

謎解き古代文明
[単行本]
ナショナル ジオグラフィック
〔DVD〕
文明崩壊



【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。

新着クイズ

もっと見る

新着掲示板

もっと見る