TOP > マニアーナ! > まゆみん解説 亀の飼育 大辞典道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 まゆみん解説 亀の飼育 大辞典道場

【亀の熱中症対策】 夏の飼育で気をつけること まとめ【2021年版】

◇評価 15ポイント
◇閲覧回数 1,223
◇登録日
2021年7月24日

Check

前のネタへ
次のネタへ



クサガメ、イシガメ、ミシシッピアカミミガメなどの亀たちの熱中症対策について。夏の飼育で、屋外飼育・室内飼育で気をつけることをまとめてみました。




■亀の熱中症対策 まとめ


亀たちは、変温動物です。自分で体温を調整することができません。屋外・屋内飼育のどちらでも、必ず日陰と逃げ場を作っておくことがポイント!








【1】必ず日陰を作っておく

水槽やケージを炎天下に置くのは避け、必ず日陰を作ります。すだれや板などで日影を作り、亀が自由に移動できるようにします。

【2】日光浴にこだわりすぎない
日光浴にこだわりすぎず、亀の命を守ることが大切です。曇りの日にちょっと歩かせる・陸に日がうっすら当たる程度でもOK!

【3】日中のお散歩は避ける
夏の日中、亀を歩かせるのは危険。コンクリートやアスファルトは大変高温で、亀に直接熱が伝わります。やけどや熱中症の原因に。





■夏の室内飼育のポイント


亀を室内で飼育するときも、夏の熱中症には注意が必要です。以下の点に気をつけてください。



【1】28℃以下で風通しよくする
亀たちは、涼しくて風通し良い場所を好みます。適温(25℃以上で30℃以下)で、できるだけ風通しを良くしてあげるのがベスト!

【2】夏は常にエアコンをかける
亀は、大変暑さに弱いです。閉め切った室内に放置するのは絶対に避け、夏はエアコンをずっとかけたままにしておきます。

【3】窓際には水槽を置かない
室内の窓際に水槽を置くのは避けます。ガラス越しに直射日光が当たるだけでも、水槽内の温度は上昇してしまいます。



亀の熱中症についてはこちら
亀の熱中症 おもな症状・治療・応急処置まとめ




以上が、亀の熱中症対策です。日光浴にこだわり過ぎず、熱中症から亀を守ることを第一にするのが大切なポイントです!



(2021年7月24日 改訂)

解説:
まゆみん(まにあ道 公式タレント)


YouTube まゆみんの「まにコスちゃんねる」
Twitter まゆみん@maniana_mayumin


Amazon.co.jp

トンボ 角型 タライ
ジャンボ 水抜き栓付
86×66×34cm

¥3,025
【prime】
ライトスタンド
ビバリア
太陽NEO

¥2,007
【prime】
室内・屋外用
焼竹すだれ
88 x 110cm

¥1,087
【prime】
人工芝 ジョイント
30×30cm
10枚セット

¥3,980
【prime】

【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆
【キーワード】

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。

新着クイズ

もっと見る

新着掲示板

もっと見る