TOP > マニアーナ! > まゆみん解説 亀の飼育 大辞典道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 まゆみん解説 亀の飼育 大辞典道場

亀が日光浴をしないときの原因・対処法 まとめ 【2021年版】

◇評価 10ポイント
◇閲覧回数 1,616
◇登録日
2021年8月31日

Check

前のネタへ
次のネタへ




クサガメ、イシガメ、ミシシッピアカミミガメなどの水棲ガメたちの日光浴について。

亀が日光浴をしない、してくれない、陸へなかなか上がらないときの原因と対処法です。また、日光浴不足にならないための対策をご紹介します!




■亀が日光浴をしない原因


亀が日光浴をしないとき、よくある原因です。当てはまるものがないかチェックしてください。


1、人や環境に慣れていない
お迎えしたばかりの亀、人に慣れていない亀は、おびえて陸へ上がろうとしません。環境に慣れるまでそっとしておきます。

2、亀が陸地へ上がりにくい
日光浴の陸へ登りづらい可能性があります。また、子ガメの頃は登れていても、成長とともに登りづらくなっているケースも。様子をみてスロープなどをつけてあげてください。

3、曇・雨・夕方の時間帯
曇りや雨の日、夕方の薄暗い時間帯は、日光浴をしません。よく晴れた日の昼間に、タイミングを見て水槽を外へ出します。

4、薄暗い飼育環境である
水槽を置く場所が暗いと、陸へ上がって日光浴しようとしません。亀は日中に活動するので、昼間は明るい場所を好みます。

亀の日光浴のさせ方 よくある疑問まとめ【2021年版】





■実はこっそりしている!?


飼い主さんの心配をよそに、亀たちは、意外と見ていない間に日光浴をしていることも!(笑)
また、夜に陸へ登ったまま寝ることもあります。皮膚や甲羅の状態が良いのであれば、おそらく適切な日光浴ができています。





■日光浴不足のときの症状


亀が日光浴不足になると、おもに以下の症状が見られます。亀の体や甲羅にコケが生えていたら、要注意!


○コケが生えている 甲羅のコケを落とす方法
○皮膚が白い、白っぽい、はがれる細菌性皮膚炎
○皮膚や甲羅にモヤモヤしたものがつく水カビ病
○甲羅が柔らかい・デコボコ 代謝性骨疾患





■日光浴不足を予防する!


日光浴をあまりしない亀や、梅雨などのシーズンは、以下の方法で日光浴をさせられます。


1、強制バスキングをさせる
水の入っていない広めの容器に亀を入れ、1時間ほど日光もしくはライトを照射します。ただし、熱中症ややけどなどの事故に注意!

2、定期的に外をお散歩させる
天気の良い日に、1時間ほど亀さんを外で歩かせるのも効果的。曇りの日でも、紫外線は80%以上出ているので効果が期待できます。

3、必要に応じてライトを使う
亀に必要なライトは、紫外線ライトとバスキングライトの2種類。必要に応じて、「梅雨の間だけライトを使う」といった工夫を!→ 亀の飼育で使うライトの種類・W数の選び方



亀にとって、日光浴はとても大切です。亀の様子をしっかり観察し、うまく工夫しながら日光浴をさせるのがポイント!


解説:
まゆみん(まにあ道 公式タレント)


YouTube まゆみんの「まにコスちゃんねる」
Twitter まゆみん@maniana_mayumin



Amazon.co.jp

ミズガメ大百科
図鑑・飼育・病気
(著者:冨水明)
¥1,560
【prime】
ライトスタンド
ビバリア
太陽NEO
¥2,007
【prime】
バスキングライト
スワンプグロー
防滴ランプ 50W
¥1,598
【prime】
徳用・2セット!
カメのおやつ
乾燥カワエビ
¥1,450
【prime】
26℃設定!
テトラレプト
ヒーター 50W
¥1,555
【prime】

【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆
【キーワード】

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。

新着クイズ

もっと見る

新着掲示板

もっと見る