TOP > マニアーナ! > まゆみん解説 亀の飼育 大辞典道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 まゆみん解説 亀の飼育 大辞典道場

亀が冬眠中に起きてしまったらどうすればいい?

◇評価 5ポイント
◇閲覧回数 6,648
◇登録日
2023年3月2日
まゆみん
まゆみん
道場主

Lv.89

Check

前のネタへ
次のネタへ




「飼っている亀が冬眠中に起きてしまった!」「まだ早いのに目覚めてしまった!」

暖冬の影響で、冬眠中の亀が途中で起きてしまったり、少し早く目覚めてしまうことは結構あるあるですよね。どうすればよいか、よくある疑問と対処法です。


【1】1〜2月に起きてしまったら?
【2】3月上旬に早く目覚めたら?
【3】冬眠中に気をつけるポイント


時期別で、まとめてみました。以下をご覧ください。





【1】1〜2月に起きてしまったら?


1〜2月は、暖かい日が続くと起きることがありますが、そのままで大丈夫。寒くなるとまた寝ます(笑)

イシガメを25年間冬眠させていますが、冬眠中の亀はずっと寝続けているわけではありません。甲羅にこもってウトウトしたり、少し動いたり、寝るのを繰り返して春を待ちます。

モソモソ動いても、寒くなるとまた寝るので、そのままそっとしておきます。





【2】3月上旬に早く目覚めたら?


冬眠が終わる時期よりもちょっと早く、亀が目覚めてしまったときについて。

亀たちは、変温動物(外気温動物)で、15℃以下だと餌を消化吸収できません。早く目覚めてしまったとき、日中の外気温や水温がまだ20℃以下だと活動するのは難しいです。

ちょっと微妙な時期に亀が目覚めてしまったら、対処法は以下の2つです。


・日中20℃前後になるまでもう少しそのままにする
成体の元気な亀は、日中15℃を下回るようであれば、もう少し冬眠させておいて大丈夫。

・暖かくなるまで水中ヒーターやライトで保温飼育
絶食状態が続くのが不安なときは、5月ごろまで水中ヒーターで保温飼育してもよいです。


どちらにするか、亀のコンディションやその年の気候に合わせて決めましょう。





【3】冬眠中に気をつけるポイント


2月後半〜3月上旬は、15℃前後の日が多くなります。亀にとって「冬眠には暖かすぎるけど、餌を食べて活動には寒すぎる」という微妙な温度。

絶食状態のままで中途半端に起きて動き回ることは、亀の体にもっとも負担がかかるので避けます。

亀になるべく負担をかけないよう、「冬眠を維持」か「活動させる」どちらかに合わせる飼育環境づくりが大切です。



解説:
まゆみん(まにあ道 公式タレント)


YouTube まゆみんの「まにコスちゃんねる」
Twitter まゆみん@maniana_mayumin



Amazon.co.jp


カメの陸地
ピタッとランド
Lサイズ
吸盤タイプ
【prime】
26℃設定!
安全カバー付
テトラレプト
ヒーター
【prime】
カメ用おやつ
かめかめ
ぴゅーれ
えび味 6本入
【prime】
カメ栄養剤
テトラ
レプチゾル
ビタミン
【prime】

【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆
【キーワード】

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。

新着クイズ

もっと見る

新着掲示板

もっと見る