TOP > マニアーナ! > まゆみん解説 亀の飼育 大辞典道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 まゆみん解説 亀の飼育 大辞典道場

リクガメ飼育のメリット 暮らしてわかる魅力まとめ

◇評価 15ポイント
◇閲覧回数 3,111
◇登録日
2020年3月27日

Check

前のネタへ
次のネタへ




リクガメ飼育のメリット まとめ


「リクガメを飼いたい」「ペットとしてはどうなの?」と思っている方必見。

リクガメの生態や暮らしの魅力を、さまざまな側面からお伝えします。また、どんな方が飼育に向いているかも分かります。

現在、飼育を検討中の皆さんの、ご参考になれば幸いです。





■リクガメの生態と魅力


1、飼い主の食生活が健康になる(笑)
リクガメは草食性。野菜やフルーツを常に用意しなければなりません。野菜の栄養素にも詳しくなり、余った野菜は自分が食べることになります。 肌荒れが改善され、大変健康になりました。(笑)


2、寿命が長く生涯のパートナーになる
犬や猫は10〜20年でお別れが来ますが、リクガメはとても長生きです。飼育下での寿命は、30〜50年以上。親子三世代に渡ってお世話をしているご家族も。


3、抜け毛・鳴き声によるトラブルがない
リクガメには、体毛や声帯がありません。抜け毛がなく、動物アレルギーでも飼育可能。鳴き声の面では、騒音がありません。(ただし、階下への振動音があるため注意。)


4、賢い・温和・ある程度までは慣れる
種類や個体差はありますが、リクガメは繊細で温厚な動物です。飼い主さんが、流血レベルの怪我をすることはまずありません。飼い主を認識し、慣れてくれます。


5、トイトレ出来ないが、温浴で排泄可能
リクガメは、トイレのしつけが出来ません。その代わり、毎日決まった時間に温浴をさせ排泄する習慣をつけることが可能。工夫次第で、粗相せず生活することができます。


6、2〜3日の間なら家を空けても大丈夫
リクガメは、飢えや乾きに強い動物です。犬や猫のように、しつけや日々のお散歩など、親密なお世話を必要としません。温度管理さえ出来れば、出張や旅行等で家を空けられます。


関連記事
リクガメを飼う前に、知っておくべき情報・心構え
リクガメの飼育で予想外に大変だったこと まとめ



◆解説者◆ まにあ道 公式タレント まゆみん

アメブロ マニアーナ!公式ブログ まゆみんぶろぐ
Twitter まゆみん@maniana_mayumin

Amazon.co.jp 亀 飼育 おすすめラインナップ!

幸せな
リクガメの
育て方
【Prime】
GEX フトアゴ&リクガメ
飼育キット 爬虫類ケージ
W61.5×D46.5×H33cm
【Prime】
ミタニ ヤシガラ
乾湿両用 床材
ハスクチップ10L
【Prime】
みどり商会
ピタリ適温
プラス 3号
【Prime】
レプタイルUVB
26W 砂漠用
紫外線ライト
【Prime】

【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆
【キーワード】

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。

新着クイズ

もっと見る

新着掲示板

もっと見る