TOP > マニアーナ! > まゆみん解説 亀の飼育 大辞典道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 まゆみん解説 亀の飼育 大辞典道場

亀のケガの治療と対処法 イソジンは使える?【2021年版】 

◇評価 25ポイント
◇閲覧回数 6,545
◇登録日
2020年7月22日

Check

前のネタへ
次のネタへ




クサガメ・イシガメ・ミドリガメ(ミシシッピアカミミガメ)などの水棲ガメが怪我をしたときの、治療・対処法・使える薬についてです。「イソジンは使って良いの?」など、よくある疑問まとめです。





■亀がケガをしたら?


命に関わるケガは、すぐに病院で診察を受けてください。小さなものは、自宅で治療できます。

×病院の処置が必須
高い場所から落下、甲羅が割れた、噛まれた、四肢の損傷、出血がある、骨折など。

○自宅の治療でよい
皮膚がめくれた、皮膚の一部が白い(赤い)、爪が折れた、など命に別状ないもの。





■イソジンは使わない


イソジンに含まれるポビドンヨードは、細菌・真菌に対して高い殺菌力があります。

亀の水カビ病や皮膚炎には効果的ですが、「うがい薬」のイソジンは、細菌力と刺激が強いです。新しい細胞まで壊してしまい治りが遅れるため、亀や動物のケガには使わない方が無難です。





■亀のケガの治療方法


傷を水洗いし、薬を塗って30分〜1時間ほど陸で乾燥させます。水槽に亀を戻すとき、軽く水洗いしてください。「 薬 → 乾燥 → 水洗い」を、毎日続けます。



○テラマイシン軟膏・・・細菌の炎症・ケガに有効
亀飼育者さんの間で、皮膚病とケガのどれにも有効で、最もおすすめとされている薬。細菌の炎症やケガの消毒、どちらにも使用可。
→ 【Amazon】 テラマイシン軟膏


○キシロA軟膏・・・細菌の炎症、特にケガに有効
細菌や痛みに効果的。消毒・細菌感染・炎症を防ぐのに有効。痛み止め成分(キシロカインなど)があり、ジュクジュクしたケガの消毒や化膿防止に。
→ 【Amazon】キシロA軟膏




解説:
まゆみん(まにあ道 公式タレント)


アメブロ マニアーナ!公式ブログ まゆみんぶろぐ
Twitter まゆみん@maniana_mayumin



Amazon.co.jp

【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆
【キーワード】

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。

新着クイズ

もっと見る

新着掲示板

もっと見る