TOP > レジャー・アウトドア > ヨーロッパ旅行道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 ヨーロッパ旅行道場

欧州旅日記8 プレミアインはなぜ安いのか

◇評価 30ポイント
◇閲覧回数 12,381
◇登録日
2009年3月14日
Seaview
Seaview
道場主

Lv.48

Check

前のネタへ
次のネタへ
既に日本に帰国しているSeaviewですが、
2009年2月のイギリス・フランス訪問の旅日記を続けます。

今回、商談のためにイギリス南西部の主要都市のひとつである
ブリストル(Bristol)を訪ねました。
この時に泊まったのが、今イギリスで人気のある
シンプルなホテルを展開している「プレミアイン(Premier Inn)」です。

プレミアインは以前はプレミア・トラベルイン(Premier Travel Inn)と呼ばれ、
Seaviewも留学中にプリマス(Plymouth)で宿泊した経験があります。

プレミアインにはいくつかの大きな特徴があります。

1 部屋は決して狭くない!
部屋は比較的ゆとりがある作りで、日本のビジネスホテルとは違い
狭くはありません。バスルームも完備していて、
シャワーだけでなくバスタブも完備しているので、
お湯につかりたい日本人旅行者も満足できます。

2 充実したセキュリティ
人件費を抑えるため、ホテルに勤務する人は少なめです。
このため、セキュリティには細心の注意を払っています。
例えば客室への通路は、カードキーを持った人しか通れません。
通常のホテルが外部の人も自由に入れることが多いのに比べると、
かなり厳重なチェックを行っていることになります。
また、エレベータに乗るのにカードキーを差し込むことを
求められることもあります。

3 必要最小限の設備
寝心地やバスルームの質は落としていませんが、
部屋の中の備品はかなり簡素化されています。
例えば、部屋の中にはティッシュペーパーはありません。
トイレットペーパーがあるだけなのです。
日本のビジネスホテル同様、石鹸やシャンプーは
持ち帰りができない補充式のものになっています。
さらに歯ブラシや綿棒などのアメニティキットは
フロントで販売しているのです。

4 くつろぎが一番のポイント
静かな客室を保つために、廊下は数室単位で区切られ、
そのドアには「静粛に願います」と書かれています。
また、各客室には湯沸かし器と紅茶・コーヒーが用意され、
部屋の中で快適に過ごせるようになっています。

こんなコンセプトの宿は、日本にはほとんどありません。
ただ日本のビジネスホテルも外国人から評価されており、
いい意味でライバルになる可能性は強いでしょう。
http://www.premierinn.com/
【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。