TOP > レジャー・アウトドア > ヨーロッパ旅行道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 ヨーロッパ旅行道場

イギリスのおもしろバス広告

◇評価 0ポイント
◇閲覧回数 18,230
◇登録日
2008年4月16日
Seaview
Seaview
道場主

Lv.48

Check

前のネタへ
次のネタへ
ジョークを言うのが大好きなイギリス人。
バスの広告も半端ではありません。


前回のネタでもご紹介しましたが、
日本語では事務弁護士と訳される法律家・ソリシターは、
バスに広告を出しているケースが少なくありません。
最近は日本でも弁護士事務所が電車内で広告を出していますが、
イギリスの場合はこの比ではありません。
「離婚795ポンド 追加なしの固定料金」
というキャッチフレーズ、日本ではとても考えられません。
ボーンマスのイエローバスでの実例です。


もしバスに乗り遅れたら、さあどうしましょう。
「バスを逃した?お電話ください!ユナイテッドタクシー」
バスの車体にタクシーの広告というのもユニークですが、
乗り遅れたらタクシー、というのは、
いかにも「おこぼれちょうだい!」と言っている感じで笑えます!
こちらもボーンマスのイエローバスでの実例です。


スポンサーではなく、バス会社が自ら広告に近いものをつけるケースもあります。
プールに本社があり、ボーンマスでも普通に見かける
モアバス(ウィルツアンドドーセットバス)では、
2006年のFIFAワールドカップ開催時に、イングランド代表選手の名前を、
1台に1人ずつ、イングランドの国旗と共にバスに表示しました。
いかにもサッカー好きの国民性を感じさせます。


地元自治体に協力する形で広告塔として走るバスもあります。
世界自然遺産「ドーセット及び東デヴォン海岸」の観光に便宜を図るため、
ファーストバスドーセットでは、この世界遺産の愛称をとって
ジュラシックコーストバスの運行を行っています。
運行地は人口が少ない過疎地を結んでいるため、
地元の自治体から補助金を受けて運行していますが、
それと同時に世界遺産のPRも兼ねて、専用塗装を採用しました。

バスを見るだけでもお国柄が表れていて、なかなか面白いものです!
【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。