TOP > 学問・研究 > 風雲!ニッポン歴史道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 風雲!ニッポン歴史道場

聖武天皇の歯?東大寺大仏殿にて遺品と同時出土

◇評価 20ポイント
◇閲覧回数 16,032
◇登録日
2011年10月5日
うるとらわん
うるとらわん
道場主

Lv.64

Check

前のネタへ
次のネタへ
なんと聖武天皇のものとおぼしき男性の歯が東大寺から発掘されていたようです。



(以下、読売新聞より抜粋)

奈良の東大寺大仏殿で、明治時代に鎮壇具(ちんだんぐ・8世紀・国宝)と
一緒に出土した人の歯を奈良国立博物館が調査したところ、
熟年男性のものとみられることが分かった。

鎮壇具には、正倉院から持ち出された聖武天皇(701〜756年)の
遺愛品「陰寶劔(いんのほうけん)」「陽寶劔(ようのほうけん)」が
含まれていたことが昨年判明しており、
50歳代半ばで亡くなった聖武天皇の歯である可能性も指摘されている。

歯は1907〜08年、大仏殿修理に伴い、大仏を安置する須弥壇を掘った際、
敷地を清めるために地下に埋めた仏具である鎮壇具とともに発見された。

最近の分析の結果、右下あごの第1大臼歯(長さ約2センチ、幅1.2センチ)で、
大きさや摩耗の具合などから、熟年男性の歯の可能性が高いことが判明した。


さて聖武天皇本人の歯なんでしょうか?
DNA鑑定とかしてもらって詳細がわかってくるといいですね。
ロマンがあるニュースです。






聖武天皇と仏都平城京
(天皇の歴史)
[単行本]
鬼の帝 聖武天皇の謎
[文庫]
もういちど読む山川日本史
[単行本]

【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。