TOP > マニアーナ! > まゆみん解説 亀の飼育 大辞典道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 まゆみん解説 亀の飼育 大辞典道場

「ナゴヤレプタイルズワールド2010」を、まにあ道で取材!

◇評価 90ポイント
◇閲覧回数 38,828
◇登録日
2010年9月28日

Check

前のネタへ
次のネタへ


9月25日(土)、26日(日)両日、愛知県の吹上ホールで開催された
ナゴヤレプタイルズワールド2010(ナゴレプ)

を、まにあ道取材班で、取材させていただきました。





ゲストは、ムツゴロウ動物王国で有名な、畑正憲(ムツゴロウ)さん。


ムツゴロウさんのトークショーをはじめ、

カメ・トカゲ・ヘビといった爬虫類たちを中心とした小動物の展示即売会や、
動物たちとのふれあいコーナー、飼育器具等の展示ブースがありました。





まず最初に行ったのは、ケヅメリクガメ餌やりコーナー!(笑)
1回300円。餌の小松菜を、専用のクリップで挟んで亀さんにはいどうぞ。

ケヅメリクガメは、甲長約70cm近くまで成長する大型リクガメさんです。
成体はやっぱり大きいですね。小松菜の葉が、秒殺で消えました。(笑)



《会場の、さまざまな生き物たち》




(左)ペンギン
(右)コバルトヤドクガエル

ペンギンさんに会えるとは!プール内を元気に泳ぎ回っていて、可愛かったです。
ヤドクガエルの色は、まるでラピスラズリのよう。個人的には美しいなと思いました。



フトアゴヒゲトカゲ



見た目通り、爪と表皮はかなりトゲトゲで痛いです(笑)が、体全体は思いの外、柔らかだったのが印象的。腹部は思ったよりもソフトでポヨポヨしています。(笑)

抱き上げる時は、手を広げ、優しく脚とお腹を安定させてあげるのがコツ。

本物を抱っこさせていただいたのは、これが初めてです。オレンジ色でとても可愛い子でした!







フクロモモンガ

フクモモさんも、今回初めて触らせていただきました。
まだ赤ちゃんのようですが、小さくて、本当にすっぽりと両手に入ってしまうサイズ。
とっても柔らかくて、あたたかい。本当にくりくりしたキレイな目に、心癒されました。





↑ロシアリクガメ

ロシアリクガメ(ヨツユビリクガメ)の赤ちゃんを、触らせていただきました。
亀が大好きなので、リクガメの赤ちゃんの可愛らしさがたまらなかったです。

小さい甲羅に、小さな脚が、もごもご。本当に、とても可愛らしかったです。





将来、リクガメをお迎えするのが夢なのですが、候補に入っている種類。
ちょっと、真剣に見すぎました(笑)






(右) ワシミミズク 『ハナちゃん』♀  

(左) ベンガルワシミミズク 『ガルくん』♂


最後に、猛禽類コーナーへやって来ました。このミミズクさんたちは、ただのミミズクさん
ではなく、「タレントさん」として、キャノンさんののデジカメCMに出演中だそうです!
 
とても美しい毛並み。目がガラス玉のようにキラキラして美しく、見惚れてしまいます。






爪が大変鋭いので、係員さんと一緒に革製の保護手袋をして撮影をします。

ハナちゃんは、物怖じせずに一直線で、腕に「バサッ!」と止まってくれました。
軽いイメージがありましたが、腕に止まった瞬間、かなりの重みがズシリ(笑)
見た目の軽そうなイメージとは対照的に、いきなりズッシリした重みが腕に来て
驚きましたが、同時にフワフワ感も。まるで、気分はハリーポッター(笑)

ハナちゃん、スタッフさん、ありがとうございました!


ナゴヤレプタイルズワールドで撮影させていただいたお写真は、編集が終わり次第、
まにあ道に順番にアップさせていただきます。本当に、ありがとうございました。

【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。