TOP > レジャー・アウトドア > 釣り道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 釣り道場

食べるためか?楽しむためか? 〜釣心言語録〜

◇評価 0ポイント
◇閲覧回数 4,574
◇登録日
2010年8月24日

Check

前のネタへ
次のネタへ
釣りには大きく分けて2つの楽しみ方がある。

食べるために釣るのか?それとも、魚とのファイトを楽しむためか?食べる楽しみとは言うまでもなく、食味を求めるのである、進化したとは言え味の方は、まだまだ天然物の味には劣る養殖魚ではなく、天然の魚の味を求める楽しみと、自分で苦労して釣った魚は何よりも美味い。食べるための目的を進化させれば、漁につながり釣る楽しみよりも、シビアな楽しみ方とも言える。

反面楽しみ釣りとは、魚とのやりとりを楽しむというどちらかと言うとスポーツ的な意味がある。俗にいうスポーツフィッシングというものである、魚を釣り上げてもそのまま水に返す、これをキャッチアンドリリースといわれる方法で釣りを楽しむのであり、若者を中心とした、ブラックバス釣りや、エリアフィッシングがこれにあたる。魚と人間がスポーツをする・・。

人間は楽しいかもしれないが、魚にとってはいい迷惑、針にかかった魚は中々もとの元気な姿にはならない。人間は逃がしてやったという優越感と、無殺生という安心感に浸れる。


私の考え方を述べれば、釣った魚は食べることにより成仏する。リリースするときにはリリース後確実に定着できるレベルであれば、幼魚を中心にリリースするという考え方である。賛否両論で、答えがない疑問であるが、魚に対する粗雑な扱いは慎むべきだし、魚に対する敬意も払うべきであると考える。
【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆
【キーワード】

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。