TOP > レジャー・アウトドア > ヨーロッパ旅行道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 ヨーロッパ旅行道場

「20」が幅を利かせる紙幣

◇評価 20ポイント
◇閲覧回数 5,666
◇登録日
2007年10月16日
Seaview
Seaview
道場主

Lv.47

Check

前のネタへ
次のネタへ
    ヨーロッパではなぜか、20の数字が付いたお札が一般的です。
    このため、欧州通貨のユーロは20ユーロ札がポピュラーで、
    その次は5ユーロ札がよく使われます。
    なぜか、10ユーロ札はそれほど使われていません。

    それどころか、ユーロが導入された当初も、
    欧州中央銀行は20ユーロ札と50ユーロ札を
    重点的に供給していたのだそうです。

    ユーロを導入していないイギリスも、
    20ポンド札が広く使われています。
    こちらでは10ポンド札も多く流通していますが、
    50ポンド札を市中で目にするのはまれです。

    20ユーロは日本円で約3200円、
    20ポンドは同じく約4800円になります。(2007年10月現在)

    なぜこういうことが起こるのでしょう。
    実は、ヨーロッパでは昔から個人でも小切手を切る人が多く、
    現金の流通は比較的少なめだったことが理由のようです。
    その影響か、現在はキャッシュカードで買い物ができる
    デビットカードが広く普及しています。
    デビットカードは預金残高以上には使えないので、
    クレジットカードに比べ、使いすぎの心配もありません。

    ただ、小額の決済ではどうしても現金が必要になるので、
    20ユーロや20ポンドがよく使われるわけです。
    1万円札が広く出回っている日本とは、だいぶ様子が違います。

    仮にイギリス国内で50ポンドをATMで預金から下ろしたとしましょう。
    たいていの場合、20ポンド札2枚+10ポンド札1枚で出てきます。
    50ポンド札で出てくることは99%ありません。

    また、イギリス人は多額の現金を持ち歩かないようです。
    せいぜい多くても50ポンド程度なのです。

    このような状況があるので、不用意に多額の現金を
    持ち歩くのは絶対にやめましょう。
    クレジットカード払いを基本とし、現金が必要ならば、
    トラベラーズチェックを少しずつ換金して使いましょう。
    なお、トラベラーズチェックがその国の現地通貨建てなら、
    換金せずにそのまま使える場合も多くあります。
    【このネタに対するあなたの評価は?】
    ☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆
    【キーワード】
    登録されていません

    ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

    【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。