TOP > レジャー・アウトドア > ヨーロッパ旅行道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 ヨーロッパ旅行道場

自動券売機でのクレジットカード挿入方法

◇評価 0ポイント
◇閲覧回数 11,880
◇登録日
2008年5月25日
Seaview
Seaview
道場主

Lv.47

Check

前のネタへ
次のネタへ
日本でも鉄道の乗車券や航空券などで、
クレジットカードを自動券売機に挿入することが増えました。
その場合、クレジットカードはATM(現金自動預払機)のように
入口に少し入れると自動で吸い込まれていきます。

ヨーロッパでもATMでは同じ感じなのですが、
この機械に細工して、吸い込まれたまま出てこないようにして
カードをだましとるケースが少なくありません。
これは「マルセイユの罠」と呼ばれています。

それが理由かどうかは分かりませんが、
イギリスでもフランスでも、鉄道やバスの自動券売機は、
カードの挿入も抜き取りも手動式になっているのです!



カードは下方向から斜めに上向きに差し込みます(写真左はイギリスの事例)。
真横に差し込むタイプのものもあります。(写真右はフランスの事例)



奥まで差し込んだら、暗証番号(PIN code)を押すことになります(写真はフランスの事例)。
差し込んだ時に画面の案内が変わるので、その時に押せばOKです。
なお、4ケタの番号を押したら、最後に緑色のボタンを忘れずに押してください。
イギリスの場合「ENT」(Enterの意)、フランスの場合「V」(Validationの意)と表記されます。
ちなみに赤いボタンは取り消しで、イギリスの場合「CNL」(Cancelの意)、
フランスの場合は「A」(Annulationの意)と表記されます。



カードの出し入れを手動にしているのは、他の理由もあります。
フランスやイギリスではICチップの付いたクレジットカード・デビットカードのみが
発行されていて(アメリカンエキスプレスなどはフランスではIC未対応)、
磁気ストライプを読み込む必要がないからです。
過去ネタ参照:写真はイギリスのデビットカード「バークレイズコネクトVISA」)
磁気ストライプを読み込ませるには、
カードリーダーを一定の速度で通す必要があるので、
トラブル防止のためにATM等では自動的に吸い込むようにしているのです。



しかしICカードの場合は、ICチップが機械内の端子と接触すればOKなので、
手動で差し込んで引き抜けばいいわけです(写真)。

一部の機械ではICチップがついてなくても使えるものもあり、
この場合は一度差し込んだ後、引き抜くことでOKになります。
これは差し込む時よりも、カードを引き出す時の方が
一定のスピードで磁気を読み込ませることができるからです。

このようにカードの使い方でも日本と異なる場合がありますので、
前もって覚えておけばあわてずに済みます。
是非参考にしてください。
【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。