TOP > レジャー・アウトドア > ヨーロッパ旅行道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 ヨーロッパ旅行道場

【特報】ヨーロッパ通貨に対する急激な円高について

◇評価 0ポイント
◇閲覧回数 8,898
◇登録日
2008年10月24日
Seaview
Seaview
道場主

Lv.48

Check

前のネタへ
次のネタへ
    すでに報道等でご存知の方も多いかと思いますが、
    日本円の価値が世界的に急上昇しています。
    この状況はヨーロッパ通貨に対して特に顕著に現われています。

    まずヨーロッパの基幹通貨であるユーロですが、
    6月頃は1ユーロが170円近い数字でした。
    それが日本時間2008年10月24日午後8時現在で、
    1ユーロは116円台という状況です。
    50円以上も1ユーロの価値が下がるというのは、
    暴落以外の何ものでもありません。

    すでにヨーロッパからの旅行者には大きな影響が出ており、
    秋葉原を狙って来日するヨーロッパ人も買い物を控え始めている
    という情報も伝わってきています。
    特にユーロ圏では、加盟国の中で物価上昇が続いており、
    生活を切り詰めている人も少なくありません。

    同様の状況はイギリスのスターリング・ポンドにも起きています。
    この夏は1ポンドが210円前後での推移でしたが、
    日本時間2008年10月24日午後8時現在で、
    1ポンドが142円台という状況です。
    9月下旬が195円前後で推移していたことを考えると、
    わずか1ヶ月で日本円に対するポンドの価値は
    4分の3にまで落ち込んだことになります。

    Seaviewはバークレイズ銀行にイギリスポンドの預金を持っていますが、
    すでに含み損は10万円を軽く超えるような状況になっています。
    このため、時期をみて日本円からポンドへの預金をして、
    損失を減らす行動(ナンピン買い)に出ることを予定しています。
    もっともSeaviewの場合、この口座は投資目的ではなく、
    ヨーロッパにおける決済口座として運用しているので、
    日本円に戻すことは考えていません。

    ヨーロッパ向けに輸出する日本企業にとっては
    この円高は危機的状況といっても過言ではありません。
    その一方、ヨーロッパからの輸入には有利に働きます。
    長く続いたユーロ高でヨーロッパブランドは
    日本で値上げを繰り返してきましたが、
    ここに来て価格戦略が変わることも予想されます。
    このため、ショッピング目的でヨーロッパへ行く人も
    増えるのではとSeaviewはみています。

    しかし、急激な為替変動は徐々に実体経済に対して
    ボディブローを浴びせる格好になるので、
    これからの動向に要注意なのはいうまでもないでしょう。
    【このネタに対するあなたの評価は?】
    ☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆
    【キーワード】
    登録されていません

    ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

    【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。