TOP > レジャー・アウトドア > ヨーロッパ旅行道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 ヨーロッパ旅行道場

ヨーロッパの金融危機へのコメント

◇評価 10ポイント
◇閲覧回数 4,027
◇登録日
2008年10月10日
Seaview
Seaview
道場主

Lv.47

Check

前のネタへ
次のネタへ
    サブプライムローンの焦げ付き問題から
    始まったアメリカの金融危機は、
    リーマンブラザーズの破綻をきっかけに
    またたく間に世界中に広がりました。

    その影響はヨーロッパでも非常に大きく受けています。
    過去ネタで紹介したとおり、経営破たん寸前だった
    イギリスのHBOS(ハリファクス+スコットランド銀行)が、
    同じイギリスのロイズTSB(Lloyds TSB)に救済合併されたのをはじめ、
    イギリスのバークレイズ銀行への三井住友銀行の出資、
    アイスランドでの全銀行国有化、
    ベネルックスやフランス、イギリスなどの銀行への公的資金注入など
    ヨーロッパの金融危機は深刻な状態です。

    為替レートをみても、
    イギリスポンドは1ポンド230円前後だったものが、
    現在では170円を切る水準となり、
    ユーロにいたっては1ユーロが170円に近かったのが、
    今では130円台前半という急落ぶりです。

    例えば100ポンドは23000円だったのが、
    今では17000円になるという計算です。

    このため、資金をヨーロッパで運用している人は、
    資産の目減りが顕著に現れているのが現状です。
    バークレイズ銀行と取引しているSeaviewも、
    既にポンド建て預金は大幅な含み損を抱えている状況です。

    しかし、これからヨーロッパへ旅行しようと
    考える方には大きなチャンスといえます。

    というのも、日本は既に1990年代後半に
    金融危機を経験しているうえに、
    サブプライムに関する出資が少なかったために、
    思ったほどダメージを受けずに済んだからです。
    その結果、日本円の価値が上がり、
    ユーロやポンドが安くなってきているのです。

    ヨーロッパではこれから消費行動が鈍ると考えられます。
    モノが売れなくなると、売る側は商品の価格を下げます。
    その上に日本円が強くなっている現状では、
    仮にユーロ(ポンド)建ての価格が同じでも、
    日本円に換算すればとてもお値打ちになるのです!

    これを機会に、ちょっと時間とお金に余裕のある方は、
    ヨーロッパへの渡航をお勧めします。
    日本がヨーロッパの優れた商品を買い、
    現地の宿に宿泊するなどして消費行動を起こせば、
    ヨーロッパの人たちの利益にもなります。

    Seaviewも現在、年内のヨーロッパ訪問を計画しています。
    是非、ヨーロッパの魅力をこの機会に満喫して、
    少しでもヨーロッパ経済に貢献しましょう!
    【このネタに対するあなたの評価は?】
    ☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆
    【キーワード】
    登録されていません

    ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

    【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。