TOP > マニアーナ! > まゆみん解説 亀の飼育 大辞典道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 まゆみん解説 亀の飼育 大辞典道場

亀の冬の飼育で使う、水中ヒーターの使い方と選び方

◇評価 20ポイント
◇閲覧回数 12,913
◇登録日
2020年8月8日
まゆみん
まゆみん
道場主

Lv.89

Check

前のネタへ
次のネタへ


亀の水中ヒーターについて



亀の冬の飼育で必要な、水中ヒーターについてです。

亀の水中ヒーターについて、使い方・選び方・知っておくと便利なことをご紹介します。

飼育環境に合った使い方をすることがポイントです。





■水中ヒーターの仕組み


現在販売されている水中ヒーターは、ほぼすべてにサーモスタット空焚き防止機能が内蔵されています。コンセントプラグへ差し込むだけで、水温25℃前後を自動で一定に保つことができます。万が一、水槽の水が干上がったり、ヒーター本体が水から出たときには、自動で電源が切れるため安心。




■水中ヒーターの選び方


○50Wで30〜60cm水槽用
ヒーターのW数と水槽の広さ(水の量)の目安は、50Wで、水20リットル前後(40〜60cm水槽用)。水槽が広いと熱効率が悪くなり、狭すぎると水が干上がって空焚きになることがあります。

○水槽はガラスがおすすめ
ヒーターの使用は、ガラス水槽がおすすめ。プラスチック水槽は、ヒーターが直接触れると熱で溶けることも。ヒーターにプラスチックが直に触れないよう注意。

○空焚き防止のものを選ぶ
ほぼすべてのヒーターには空焚き防止機能がついていますが、念のため、購入前にしっかり確認を。

○カバー付きのものを選ぶ
ヒーター本体は、かなり高温です。人や亀が本体に触れると、やけどをすることもあるため要注意。




■水中ヒーターの使い方


メーカーさんの取扱説明書ではあまり触れられていない、ヒーターの使い方です。水温が思ったように上がらないとき、知っておくと便利な方法です。


○室温は暖房で15℃以上に
室内が10℃前後の低温だと、熱効率が悪くなるため水温が上がりません。室内を、暖房で15℃以上にあたためておく必要があります。

○断熱材などで水槽を覆う
寒冷地では、水中ヒーターの熱効率が落ちやすいです。段ボールなどで覆いをしたり、断熱材などで水槽の周りを囲うなどの工夫が必要です。

○2つで100Wにする方法も
大きめの水槽には、水槽の左右両側に水中ヒーターをそれぞれ設置する方法もあります。(2つで100Wにして使う方法)。

○使用期間は約1年が目安
水中ヒーターの寿命は、1年ほど。消耗品の電化製品のため、突然壊れることがあります。安全面からも、毎年買い替えてください。


水中ヒーターは、水槽に合ったものを選び、熱効率をアップさせて使うことがポイント。説明書をよく読み、やけどや事故には気をつけて使うことが大切です。


◆解説者◆ まにあ道 公式タレント まゆみん

アメブロ マニアーナ!公式ブログ まゆみんぶろぐ
Twitter まゆみん@maniana_mayumin


Amazon.co.jp


【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆
【キーワード】

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。

新着クイズ

もっと見る

新着掲示板

もっと見る