TOP > マニアーナ! > まゆみん解説 亀の飼育 大辞典道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 まゆみん解説 亀の飼育 大辞典道場

リクガメの下痢 治し方と使える薬まとめ【2021年版】

◇評価 45ポイント
◇閲覧回数 46,788
◇登録日
2013年9月24日

Check

前のネタへ
次のネタへ



リクガメの、下痢(軟便)のおもな原因と、治し方・使える薬まとめです。どれが当てはまるか、以下をチェックしてください。




■下痢のおもな原因は?


【1】ケージの温度が低い
低温だと、消化不良で下痢をします。(ケージ全体が25℃前後・ホットスポット30℃前後で調整。)

【2】水分のとりすぎ
きゅうり・トマト・スイカ・果物など、水分の多い餌を一度に多く与えると下痢や軟便になります。

【3】腸内細菌が少ない
個体ごとの体質で、とくにベビーは、腸内細菌や消化酵素が少ないと下痢や軟便になりやすいです。

【4】寄生虫によるもの
お迎えしたばかりのリクガメは、体内に寄生虫がいて下痢をすることも。動物病院で検便・駆虫をすると安心です。




■下痢をしたときは?


ほとんどは、一時的なもので2〜3日以内に治ります。下痢が数日続くときは、動物病院で診察を受けてください。


○温浴をさせて体を温める
リクガメを洗って清潔にしてから、30℃前後のぬるま湯で10〜15分ほど温浴させて温めます。

○葉野菜と野草をメインに
水分を多く含む餌を避け、葉野菜や柔らかめの野草(クローバーやタンポポなど)を与えます。




■下痢の解消法まとめ


リクガメの下痢や軟便の解消方法で、ネット上によく掲載されているものです。便秘対策とも共通しています。乳酸菌を増やすことで、リクガメの腸内環境を安定させます。


○プレーンヨーグルト
リクガメの腸内細菌を増やすためにヨーグルトを食べさせる方法。プレーン(無糖のもの)を、常温にして少し与える。

○新ビオフェルミンSプラス(乳酸菌)
ビオフェルミン錠(乳酸菌)を、餌に少しずつふりかけて食べさせる。人の赤ちゃんにも使える「Sプラス粒状タイプ」がおすすめ。→【Amazon】新ビオフェルミンSプラス・粒状

○レプラーゼ(爬虫類用腸内細菌)
レプラーゼという爬虫類用の腸内細菌を、餌にふりかけて与える。与えすぎの害もなく、もっとも安心でおすすめ。→【Amazon】レプラーゼ



(2021年3月1日 改訂)

解説:
まゆみん(まにあ道公式タレント)


アメブロ マニアーナ公式ブログ まゆみんぶろぐ
Twitter まゆみん @maniana_mayumin



Amazon.co.jp

【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆
【キーワード】

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。

新着クイズ

もっと見る

新着掲示板

もっと見る