TOP > マニアーナ! > まゆみん解説 亀の飼育 大辞典道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 まゆみん解説 亀の飼育 大辞典道場

リクガメの便秘 おもな原因と解消方法まとめ!【2021年版】

◇評価 65ポイント
◇閲覧回数 74,919
◇登録日
2012年9月13日

Check

前のネタへ
次のネタへ




リクガメの飼育でよくある便秘について、おもな原因・対処法・解消方法まとめ。当てはまる原因がないか、以下をチェックしてください。




【1】食物繊維や水分不足
食物繊維が少ない野菜や人工フードを与え続けたとき・水分補給ができていないときは、便秘になりやすいです。

【2】運動不足になっている
飼育下のリクガメは、野生下と比べて運動量が少ないです。定期的に、ケージの外へ出して歩かせるとよいです。

【3】食べた餌の量が少ない
偏食や拒食で食べる量が少ないと、便通が悪くなります。できるだけまとまった量の餌を食べさせるとよいです。

【4】ケージの温度が低い
低温だと、食べた餌を消化できずに便が停滞します。(ケージ全体は25℃前後・ホットスポット30℃が目安。)

【5】腸内細菌が少ない
個体の体質もありますが、ベビーは便秘になりやすいです。腸内細菌や消化酵素が少ないと、便秘になります。



※便が一週間出ない・いきんでいる・血便や血尿が出る・元気がないときは、以下の可能性があります。動物病院で診察を受けてください。


△誤飲による腸閉塞
餌と一緒に飲み込んだ床材など、誤飲したものが腸に詰まると、腸閉塞で排泄物が出せなくなります。

△結石が詰まっている
大きくなった結石が詰まると、排泄物が出せなくなります。ケヅメやホシガメなどに多く見られます。




■便秘になったら温浴

リクガメの便秘が4〜5日続いたら、温浴させます。30〜35℃のぬるま湯に、10〜15分浸けてあげると排泄します。腹部をあたためると、便通が良くなります。




■リクガメの便秘対策

リクガメの便秘対策で、ネット上によく掲載されている方法です。(※よく調べた上で、自己責任の元で行ってください。)


○プレーンヨーグルト
リクガメの腸内細菌を増やすためにヨーグルトを食べさせる方法。プレーン(無糖のもの)を、常温にして少し与える。

○新ビオフェルミンS
ビオフェルミン錠を粉末に砕いたものを、餌に少しずつふりかけて食べさせる方法。→【Amazon】新ビオフェルミンS

○レプラーゼ(腸内細菌)
レプラーゼという爬虫類用の腸内細菌を、餌にふりかけて与える。最も安心でおすすめ。→【Amazon】レプラーゼ



(2021年3月1日 改訂)

解説:
まゆみん(まにあ道 公式タレント)


YouTube まゆみんの「まにコスちゃんねる」
Twitter まゆみん@maniana_mayumin



Amazon.co.jp

【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆
【キーワード】

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。

新着クイズ

もっと見る

新着掲示板

もっと見る