TOP > レジャー・アウトドア > ヨーロッパ旅行道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 ヨーロッパ旅行道場

FREEという単語の解釈にご注意!

◇評価 20ポイント
◇閲覧回数 9,639
◇登録日
2008年6月9日
Seaview
Seaview
道場主

Lv.48

Check

前のネタへ
次のネタへ
英語でも日本語でも非常によく使われる単語に
FREE(フリー)があります。
でも、この単語はいくつかの意味を持っており、
解釈を間違えると大変なことになる場合があります。
ここでは用途別にFREEの解釈法を伝授いたします。

★「自由」という意味
これがFREEの本来の意味です。
制約がない、という意味合いを持っています。
このため、勝手気ままなふるまいという考え方はあまり持たないようです。
これが「自由には責任を伴う」といわれるゆえんになっています。

★「無料」という意味
観光案内などで、入場料の欄にFREEと書かれていれば、
間違いなく無料で入ることができます。
これは、もともとFREE ENTRANCE(制約のない入場)とか
ADMISSION FREE(入場料不要)の熟語を省略したものなので、
現在でも省略せずに書かれていることも多くなっています。

★遠まわしに「禁止」という意味
英語において、実はこの「禁止」という意味合いで
FREEが使われることがあるので、要注意です。
例えばSMOKE FREE ZONEと表示があった場合、
「喫煙自由区域」と解釈するのは大きな間違いです。
SMOKE FREE ZONEの正確な意味は
『喫煙禁止区域』になるのです!!

なぜこのようになるかというと、
煙から解放された場所という解釈をするからです。

同様の例にDRUG FREE ZONEとあるのは、
「麻薬から解放された場所」という意味から、
『麻薬使用禁止区域』となるのです。
イギリスをはじめ多くの国で麻薬は非合法ですが、
盛り場で不法に売り買いされることが多いため、
経営者が敢えて、「麻薬の所持や使用に反対」するという
強い意思表示をしていることに意味があります。
他にも地方自治体の条例の規定によって
DRINK FREE AREA(飲酒禁止地域)などの表示も見られます。

このような場所で解釈を誤ってその行為をすると、
犯罪行為とみなされる場合があります。
「知らなかった」や「解釈違い」では済まされません。
充分に注意してください。
【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆
【キーワード】

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。