TOP > 学問・研究 > 秘密結社道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 秘密結社道場

「ヴードゥー教」ゾンビを蘇らせる土俗宗教

◇評価 41ポイント
◇閲覧回数 14,254
◇登録日
2009年6月1日
エイリアンぐれい
エイリアンぐれい
道場主

Lv.67

Check

前のネタへ
次のネタへ
ヴードゥー教は、ハイチの宗教的秘密結社で、
アフリカから強制的に連れてこられた黒人達の土俗的信仰(魔術的、呪術的)と
キリスト教が結びついてできたものである。

この教団は、基本的にはキリスト教カトリックだが、
ありとあらゆる宗教が取り入れられており、
神々も複数存在し、その宗教体系や思想体系を整理するのは難しい。

つまり、ヴードゥー教にとって、キリスト教は取り込まれた一部分にすぎない。

ヴードゥー教をもっとも独創的にしているのは、なんといっても魔術的儀式だろう。
そのひとつが、「ダンバラ」という神の化身であるヘビを讃える儀式だ。

そしてもうひとつ、死者の蘇り、「ゾンビ」がある。

これはヴードゥーの司祭が行うもので、死体が腐る前に墓から掘り出し、
生き返らせるという超魔術的なものである。
そして奴隷として働かせるため、農園に売るのだ。
そのため、死人の家族は埋葬後、墓を暴かれないように見張る事もあるらしい。

なおゾンビを作る際には、「ゾンビ・パウダー」なるものが使用される。
主成分はフグ毒と同じもので、司祭によって代々受け継がれるため、詳細は不明だ。
普通に考えれば、覚醒剤や麻薬の一種で人間を仮死状態にし、
目覚めたところを生き返ったと主張するデモンストレーションのようなものだろう。

ただし、ヴードゥー教の司祭は、このような怪しげな魔術を使うだけではない。
実際には、病気治療などの医師的な働きをしたり、相談役となったりしながら、
人々の信仰を得てきた。

ちなみに、「ヴードゥー」は英語読みで、ハイチや西アフリカでは「ヴォドゥン」と呼ばれる。
信者は、アフリカの民間信仰まで含めると世界で5000万人にものぼる。
【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。

新着クイズ

もっと見る

新着掲示板

もっと見る