TOP > 学問・研究 > 歯科手術用照明LEDライト、 歯科用照明器具、LED照明灯関連情報道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 歯科手術用照明LEDライト、 歯科用照明器具、LED照明灯関連情報道場

歯周病の治療が終われば、それで後は何もしなくても良いというわけではありませ

◇評価 0ポイント
◇閲覧回数 111
◇登録日
2019年9月18日

Check

前のネタへ
次のネタへ

歯周病は、歯科の三大疾患の一つで、日本人の約7割が歯周病を患っていると聞きます。虫歯にならないよう歯を守る事も大切ですが、歯を支える歯茎もとても大切です。歯周病は、歯を支えている歯肉や顎の骨が、化膿したり破壊されたりする病気で、限度を越えてひどくなるとどんなに一生懸命に治療しても手遅れになります。<o:p></o:p>

技工機器

治療に早すぎるという事はありません。あまりひどくならないうちに完全に治療する事が重要です。歯周病は歯ぐきだけが腫れた状態となる歯肉炎(しにくえん)と、歯と歯ぐきをつないでいる部分が壊されたり、歯を支えている骨が壊される歯周炎(ししゅうえん)に分類されます。<o:p></o:p>

生活習慣の改善<o:p></o:p>

病気や睡眠不足、ストレスなどを感じている時は、抵抗力が落ちているので、歯周病菌に感染しやすくなります。十分な睡眠をとり適度な運動を行いストレス解消する事は、歯周病治療をしていくうえでも欠かせません。また、歯周病と関係の深い糖尿病にならないような食事やよく噛んで食べる事など、食生活を見直す事も必要です。<o:p></o:p>

プラークコントロール<o:p></o:p>

歯周病予防や歯周病治療で基本となるのがプラークコントロールです。プラークコントロールとは、歯周病の原因である歯垢(プラーク)の増殖を抑えることに重点を置いた予防治療法で、正しい歯磨きの仕方、歯間ブラシやデンタルフロスなどを使用してプラークコントロールをする事が、歯周病予防や歯周病治療の基本です。<o:p></o:p>

スケーリング ルートプレーニング<o:p></o:p>

歯垢(プラーク)は、時間が経てば歯磨きでは取り除くことができない歯石になり、歯石は歯周病菌の格好の棲家となるため、早めに取り除くことが大切です。歯石と歯垢(プラーク)を除去し再び付着しづらくする治療法が、スケーリング&ルートプレーニングです。
歯磨きでは取り除けない歯石はもちろん、取り除けていない歯垢(プラーク)を歯医者で除去することによって炎症が収まっていきます。また、歯周ポケットの深さも浅くなりますので、歯周病の進行を抑え、症状の改善が期待できます。<o:p></o:p>

口腔内カメラ

治療後の定期検診<o:p></o:p>

歯周病の治療が終われば、それで後は何もしなくても良いというわけではありません。一度歯周病になってしまった場合には、再度歯周病になってしまう可能性が高くなります。そのため、再発を防ぐために歯周病の治療後の定期的なメインテナンスが重要になります。<o:p></o:p>

【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆
【キーワード】
登録されていません

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。

新着クイズ

もっと見る

新着掲示板

もっと見る