TOP > 学問・研究 > 歯科手術用照明LEDライト、 歯科用照明器具、LED照明灯関連情報道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 歯科手術用照明LEDライト、 歯科用照明器具、LED照明灯関連情報道場

歯周病進行は、歯周ポケットの深さが目安となります

◇評価 0ポイント
◇閲覧回数 90
◇登録日
2019年9月17日

Check

前のネタへ
次のネタへ

歯周病とは、歯を支える土台となる骨(歯槽骨)が溶けてしまうおそろしい病気で、かなり進行するまで目立った自覚症状があらわれないため、気づかずに放置しておくと、歯を失うことにもなりかねません。<o:p></o:p>

歯科 通販

歯周病進行は、歯周ポケットの深さが目安となります。歯周病は、ある程度の段階までは、歯ブラシの仕方や回数を改善することで治療できますが、進行した歯周病に関しては、歯科医師による適切な治療が必要となります。<o:p></o:p>

歯周病治療<o:p></o:p>

歯周病の治療は、保存療法・再生療法・切除療法の3つに分かれます。西川歯科医院では、保存療法を第一に、それでは改善の見込みがないと判断したものに関しては、再生療法を含む外科療法もおこなっています。<o:p></o:p>

保存療法<o:p></o:p>

歯周病のなかでも、軽度〜中等度の、比較的程度の軽いものに関しては、歯周ポケットの中の歯垢(プラーク)や歯石を除去する「歯周ポケット掻爬術」をおこないます。「歯周ポケット掻爬術」は正確にいうと外科療法に分類されますが、一般的に、歯科定期検診のメインテナンスとしてもおこなわれるものです。<o:p></o:p>

保存療法治療後、お口のなかを清潔に保つため、正しい歯磨きの方法を身につけ、喫煙や食生活の習慣を見直すことで、歯周病の改善が期待できます。<o:p></o:p>

なくなったものをつくる治療=再生療法<o:p></o:p>

“外科療法=悪い部位をとってしまう治療”とは限りません。“なくなったものをつくる治療=再生療法”も、れっきとした外科療法です。<o:p></o:p>

再生療法のひとつ、GTR(組織再生誘導)法は、外科治療の際に、歯(歯根)と歯肉のあいだに特殊な保護膜を挿入して、歯を支える歯槽骨、歯根膜、歯肉を再生させる画期的な方法です。<o:p></o:p>

オートクレーブ 歯科

歯槽骨・歯根膜は、歯肉に比べると組織の再生に時間がかかるので、歯周病の進行した組織を除去しただけでは、歯槽骨等のスペースに歯肉が入り込んで、歯槽骨・歯根膜の再生を妨げてしまいます。そこで、GTR法では、特殊な保護膜により、歯肉の入り込みを防いで、歯槽骨・歯根膜を再生させるのです。<o:p></o:p>

【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆
【キーワード】
登録されていません

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。

新着クイズ

もっと見る

新着掲示板

もっと見る