TOP > 学問・研究 > 歯科手術用照明LEDライト、 歯科用照明器具、LED照明灯関連情報道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 歯科手術用照明LEDライト、 歯科用照明器具、LED照明灯関連情報道場

若年性の歯周病は現在増加傾向にあります

◇評価 0ポイント
◇閲覧回数 1,172
◇登録日
2018年7月16日

Check

前のネタへ
次のネタへ

歯周病の恐ろしさは、昨今テレビや雑誌など、さまざまなところで聞かれるようになりました。<o:p></o:p>

また、歯周病菌は、心筋梗塞や脳梗塞、糖尿病などを引き起こす原因のひとつともいわれています。全身に影響する怖い病気ともいえるでしょう。 また、痛みがなくても、歯がぐらぐらしてしまい、抜けてしまうのが歯周病の恐ろしい特徴です。むし歯であれば、痛みが出て、神経を取って、最終的に抜歯という歯の過程がありますが、歯周病は健康な歯でさえも突然抜けてしまう怖い病気なのです。<o:p></o:p>

若い方も歯周病に注意するべきこと<o:p></o:p>

若年性の歯周病は現在増加傾向にあります。しかも、若い方の歯周病は進行が速いのが特徴です。若い時から歯のお手入れを怠ると、中高年になってから、歯の不具合が一気に出る場合があります。そのため、若い内からきちんと手入れをしていくことが歯周病の予防、ひいては歯の健康のためにもとても大切なのです。<o:p></o:p>

パルスオキシメーター

スケーリング<o:p></o:p>

歯磨きの際は、現状のブラッシングでどこが磨けていないのかを良く理解して頂いた上で、ご自分に合ったブラッシングの方法を学んで頂きます。日頃のブラッシングによるプラークコントロールこそが歯周病治療の第一歩です。歯石は歯面に付着したプラークに唾液中のリン、カルシウムが混じって石灰化したもので、表面は粗造でプラークが更に付着しやすいような構造をしており、歯に強固に付着しています。そして強い病原性を持っています。スケーリングでは主に、超音波スケーラーやキュレットスケーラーを使用して取り除き、歯の表面をつるつるの状態にし、プラークが付着しにくい状態にします。<o:p></o:p>

SRP<o:p></o:p>

長期間、歯医者さんで歯石をとっておらず、歯石が多くついている状態になると歯と歯ぐきの境目の溝が4-6mmと深い状態になってしまいます。この状態になると歯石が歯肉の中にまで付着してしまっているため、麻酔(表面麻酔、局所麻酔)などを用いて、歯石を除去して歯の根元をきれいにするSRPという処置が必要になります。この処置によって、ポケットが深い状態を改善することができます。<o:p></o:p>

マイクロスコープ 歯科

深いポケットを放置すれば、その部分の歯周病は進行してしまいますので、しっかり歯石を除去することが大切です。また、このSRPから先の治療は、歯周病治療に関するトレーニングを積んだ歯科衛生士の協力が必要になってきます。外科処置をしなくてもこの部分の治療がきちんとできていれば、歯の延命につなげることができます。<o:p></o:p>

【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆
【キーワード】
登録されていません

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。

新着クイズ

もっと見る

新着掲示板

もっと見る