TOP > レジャー・アウトドア > ヨーロッパ旅行道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 ヨーロッパ旅行道場

食育に取り組むイギリスの現状

◇評価 30ポイント
◇閲覧回数 12,668
◇登録日
2008年12月4日
Seaview
Seaview
道場主

Lv.47

Check

前のネタへ
次のネタへ


自他ともに認める、世界一食事がまずい国であるイギリス。
それだけならまだしも、食生活の乱れと食事のバランスの悪さから、
肥満の人が多いことも大きな特徴になっています。
既に殿堂入りした過去ネタ「イギリスの食生活を考える」でご紹介した通り、
この状況はイギリスにとって大きな問題となっています。

日本の場合、戦後に学校給食の制度ができ、
国家資格を持つ栄養士や管理栄養士のチェックのもとで、
バランスのとれた昼食を提供することを、
教育の一環として長年取り組んできました。
それでも日本はまだ不十分と考えるのか、
近年は「食育」という言葉のもとで、
食材の由来から調理まで、
幅広く学ぼうとする動きが活発になっています。

イギリスも遅ればせながら、国が本気で取り組み始めました。
日本の文部科学省にあたるDfES(Department for Education and Skills)は、
2005年に1500万ポンドの基金を拠出して
SFT(School Food Trust:学校給食基金)が設立されました。
現在は寄付行為による団体(登録チャリティ団体:日本でいう財団法人に相当)
となり、給食の改善に取り組んでいるのです。
(写真はロンドン地下鉄内のSFTの広告)
http://www.schoolfoodtrust.org.uk/

具体的には、メニュー改善をおこなっています。
その内容は単に栄養のバランスを考えるだけでなく、
食品添加物に対する知識や問題、さらに学力向上のために、
脳の働きを良くすることまで考えているようです。
もちろん、おいしい給食の提供にも力を入れていて、
食事のおいしさを実感できるようにすることも大きな目的です。

しかし裏を返せば、イギリス人の味覚には
大きな問題があることを自ら認めたようなものです。
さらに2012年のロンドンオリンピック開催にあたっては、
選手村の食事が史上最悪になる可能性もないわけではありません。
実はSFTの設立された2005年は、IOC総会でロンドンでの
オリンピック開催を決定した年でもあるため、
このことが食事改善を国民レベルで考える
きっかけになったのかもしれません。
【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。