TOP > レジャー・アウトドア > ヨーロッパ旅行道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 ヨーロッパ旅行道場

ミネラルウォーターの選び方 フランス編

◇評価 10ポイント
◇閲覧回数 9,058
◇登録日
2008年6月15日
Seaview
Seaview
道場主

Lv.48

Check

前のネタへ
次のネタへ
    フランスのミネラルウォーターは日本でもおなじみのブランドが多いので、
    味に関しては国内で試してから買うことができることもあって、
    イギリスほど気にする必要はありません。

    でも、一応ガイドしましょう!

    Vittel(ヴィッテル)
    現在、フランスで一番売れているのがこれです。
    イギリスのバクストン(Buxton)同様、現在はネスレのブランドのひとつになっています。
    ヴィッテルの名前は地名からきており、ここには温泉もあります!
    水源地に温泉が存在することからも分かるように、
    このミネラルウォーターはかなりの硬水です。
    そのため、日本人の好みは好き嫌いがはっきり分かれそうです。

    Evian(エビアン)
    スイスとの国境に近いリゾート地を水源とするエビアンは、
    現在はダノングループのブランドとなっています。
    日本では非常にポピュラーなミネラルウォーターですが、
    フランスでは近年、ヴィッテルに押され気味です。
    こちらもやや硬水ですが、日本で飲みなれている人も多いので、
    それほど違和感を感じることはないと思います。
    ただ同じ硬水でも、Seaviewはなぜかより硬度が高い
    ヴィッテルの方が飲みやすく感じます。

    Volvic(ボルヴィック)
    こちらもエビアン同様、ダノングループのブランドです。
    火山地帯で磨かれた地下水をボトリングしているので、
    富士山ろくのミネラルウォーターに似ています。
    このため、硬水が多いフランスにおいて、
    このボルヴィックは軟水として異彩を放っています。
    しかし、軟水はフランス人にあまり好まれないのか、
    小さな売店などでは普通のボルヴィックをあまり見かけません。
    このため、ボルヴィックはフレーバーウォーターに活路を見出し、
    レモン味などを発売して大成功を収めました。
    日本人のファンが多いこの水は、フランスではスーパーに行けば
    安く売っていますので、まとめ買いをすることをお勧めします。
    もちろんSeaviewも普通のボルヴィックとフレーバータイプの両方を
    フランスでもイギリスでも日本でも飲んでいます。
    【このネタに対するあなたの評価は?】
    ☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆

    ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

    【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。