TOP > レジャー・アウトドア > ヨーロッパ旅行道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 ヨーロッパ旅行道場

ヨーロッパの携帯電話

◇評価 20ポイント
◇閲覧回数 10,142
◇登録日
2007年9月7日
Seaview
Seaview
道場主

Lv.48

Check

前のネタへ
次のネタへ
日本では第3世代(3G)の携帯電話が主力になっていますが、
ヨーロッパはまだまだ普及しておらず、ちょっと地方に行くと
使えないことが多いです。
さらに一つ前の第2世代の携帯電話ですが、
日本が独自規格のPDCを採用してしまったため、
GSMを採用したヨーロッパとは互換性がありませんでした。

このため、ヨーロッパに行くために
わざわざケータイをレンタルした方も多いと思います。

最近は日本のケータイでも、3GとGSMのデュアルになっているものが
少しずつ出てきました。
私自身もDoCoMoから出ているモトローラ製のM702iGを
愛用していますが、その理由がGSMが主力のヨーロッパで使うためなのです。

ところで海外でケータイを使う場合には「ローミング」と言って、
他の携帯電話事業者に接続することになります。
たいていはオートローミングで、つながりやすい会社になりますが、
これを自分の好みの電話会社に変えることもできます。
例えばフランスではBouygues Telecom(ブイグテレコム)に自動的につながっても、
ケータイの設定で強制的にOrange(オランジュ)に変えることもできます。

なお、ケータイを海外で使う時には料金に注意してください。
イギリスにいて、日本から持ってきたケータイから日本へかけると、
かけた人にイギリスから日本への国際電話料金がかかります。
ところがイギリスにいて、日本から持ってきたケータイから
イギリスにいる友人が持つ日本のケータイにかけると、
かけた人にはイギリス→日本の国際電話料金がかかり、
相手には日本→イギリスの国際着信料金がかかります。
また、日本にいる人がイギリスにいる日本のケータイを持つ人にかけると、
日本にいる人は国内料金で済み、受信側に国際着信料金がかかります。
この原則を知った上で、効率的にケータイを使いましょう。
【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆
【キーワード】
登録されていません

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。