TOP > レジャー・アウトドア > ヨーロッパ旅行道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 ヨーロッパ旅行道場

ビザなしのイギリス長期滞在にはご用心

◇評価 10ポイント
◇閲覧回数 45,331
◇登録日
2008年4月5日
Seaview
Seaview
道場主

Lv.48

Check

前のネタへ
次のネタへ
最近、ブログや質問サイトには、イギリスの入国に関して
驚くほど多くのトラブル体験が集中しています。
それらをまとめると、次のようなパターンになっています。

【注意】ここでいうビザは、在日英国大使館が発給する
「エントリークリアランス」のことを指します。
6ヶ月以内の語学留学などで入学許可書類を持って入国審査を受けた場合、
もらえるのは「Student Visitor」での「滞在許可」です。
誤解している人が非常に多いですが、ビザは入国時にはもらえません


1 ビザなし留学によるトラブル
例えば6ヶ月イギリスに滞在して、フランスに一旦出国後、
1泊か2泊したあとで再度イギリスに入国しようとする時に、
その時から再び6ヶ月滞在できると思う人がいるようです。
しかし、この場合は入国拒否されてしまうことが多いのです。
なぜなら、一時的に出国して戻ることで就労を疑われてしまうからなのです!
このような状況を防ぐためには、たとえ短期間でもイギリスの
エントリークリアランス(ビザに相当)を取得してください!
そうすれば、再入国時にきちんと証拠を示すことができます。

また、6カ月以内の短期留学の場合、例えばちょっと週末に
フランスへ遊びに行ってイギリスへ戻ってこようとすると、
入国拒否に遭うケースがあります。
イギリスはシェンゲン協定には入っていませんので、
フランスやオランダ、ドイツなど他のヨーロッパ諸国へ行く場合、
その都度必ず出入国審査を受けることになります!

イギリス短期留学中の出入国は正当な理由を証明できない限り、
できないと考えておいた方が無難です。
参考までに在英国日本国大使館のサイトへリンクしておきます。
http://www.uk.emb-japan.go.jp/jp/ryoji/18/18_06_16shugaku.html

2 ビザが切れそうになった場合のトラブル
エントリークリアランスを持っていて、滞在延長をしたいときは
きちんと手続きすればいいのですが、延長手数料は日本円で6万円以上もします。
そのため、そのお金をケチるためにフランスに出国して、
再入国をビザなしで6ヶ月の滞在をしようと考える人がいるようです。
このようなパターンは、まず入国拒否に遭うと考えてください。
理由は1と同じく、就労を疑われるからです。

3 日本人女性でイギリス人の彼氏がいる場合
こちらも就労が疑われ、入国拒否に遭う確率が高いようです。
というのも、イギリス国内での就労を目的にした偽装結婚も少なくないため
(これは日本人以外に多い!!)
その影響を日本人も受けてしまうようです。
イギリスにあこがれる気持ちは分かりますが、
彼氏がいる場合はひんぱんな出入国は難しいと考えた方が無難です。
ちなみにイギリスには婚約者ビザなんていうのもあるほどです。

イギリスでの就労や結婚を考えている場合は、必ず専門家に相談してください。
イギリス国内にいる場合は、法律家の一種のソリシターに相談してください。
(Solicitor:日本には存在しない制度で事務弁護士と訳される)
日本人以外の人で、ソリシターにビザ取得を依頼するケースは多いです。

このように、イギリスの出入国制度は非常に厳しく、
法律家の出番が多いという状況をきちんと理解してください。
甘い考えでイギリスに長期滞在をするのは絶対にやめましょう。
【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。