TOP > スポーツ > F1 GPXpress道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 F1 GPXpress道場

ロータス・ルノーGP、ルノーR31発表

◇評価 10ポイント
◇閲覧回数 11,033
◇登録日
2011年2月8日
cubic-m
cubic-m
道場主

Lv.17

Check

前のネタへ
次のネタへ

ロータス・ルノーGP、ルノーR31発表


 ロータス・ルノーGPが2011年を闘うマシン「R31」を発表した。

 不届きなことに現在ロータスの名前を冠したチームが二つある。

 このロータス・ルノーGPはマレーシアの国有自動車会社プロトン傘下のグループ・ロータスとジニー・キャピタルが株式を収得したルノーが合体してできたチームだ。
 代表のE.ブーリエによると、チームのイニシアティブはルノーが握っているとのことで、チーム自体はイギリスにある。

 現在、チーム・ロータスの名称権を買ったと言われているT.フェルナンデス率いるチーム・ロータスとの間に、“ロータス”の名称を巡って闘争中だ。どちらに分があるかというと、ロータス・ルノーGPに分があるかと思われる。
 が、それなのに何故「R31」というルノーのマシンナンバーを継承したのか不思議でならない。「ルノーも名乗りたいし、ロータスも名乗りたいし・・・」といったどちらつかずな態度が見え隠れたりする。

 さて昨年のR30だが、エアロの大失敗とシンガポール・ゲートでどん底まで堕ちた2009年のルノー・チームを思えば、大躍進だったと言える。全体的に大幅にブラッシュアップされたフォルムは、R.クビサのドライビングにマッチし、随所で大物食いを展開していた。
 中盤以降はFダクトを搭載。その性能は指折りだったという。元々エンジニアリング部門は力があるだけに、波に乗れば強いチームなのだ。またクビサのドライビング・スタイルに特化できたことも大きい。元々No.1に傾注するタイプのチームなだけに、クビサの活躍がチームの大きなカンフル剤となったのは間違いないようだ。

 さて、今季マシンのR31はどのようなマシンなのか?

 
サイドビューを見れば分かるが、サイドポンツーンの位置が後退し、バックがR30と比べて大きく落ち込んでいる。またR30と比較してサイドポンツーンのえぐれが大きくなり、空気の流れを一変してきたことが分かる。
 サイドポッド上面の空気の流れは、リアエンド下部のディフューザーに流そうという狙いが見える。このエアロの考えはレッドブルRB7やフェラーリF150と違っており、見ていて面白い。

 このマシンの革新的アイデアにサイドポッド横に排気管を設置するという、前方排気をつけた点だ。確かにここから排気をすると、強烈なダウンフォースを得られるだろう。でもレギュレーションは大丈夫なのか?

 リアサスペンションはプルロッド式に変更。そのため、リア周りのデザインが一新された。R30と比較してリアが低く、コンパクトにまとまっていることが分かる。

 フロントノーズは前傾したものから、持ち上げられている。ノーズは今季流行の平べったい形に変更。R30の「のっぺり」した形から鋭い形となった。
 フロントから見ると、フロント開口部が上に広がった。ノーズはR30より細くなり、ようやく最新マシンの形になったような気がする。

 サイドポンツーン開口部も大幅にシェイプされた。R30と比較すると随分とシェイプアップされた感はある。

 
大幅に変更してきたようだが、サイドポンツーンのえぐれの形状を見ると、彼らなり空力理論をアップデートしてきたように見える。過激な開発ばかりが宣伝されているが、コーナリング重視のコンパクト・カーの思想は変わっていないと感じた。

 
さてさて、このマシンで最も特徴的なのは「ブラック&ゴールド」のカラーリングだろう。
 往年のチーム・ロータスのJPSカラーに倣ったわけだが、面白いことに当時と同じく今回もスポンサーロゴもゴールドに彩られている(TOTALだけが赤のまま)。
 実際新車発表はどんなんだろうなー、と楽しみにしていたのだが、見てびっくり。「だっさー」と心の中で叫んでしまった。

 まず、過去のJPSカラーが何で格好良かったかというと、当時はマシンの角に沿ってゴールドのリーフが走っていた。昔のマシンは今より多面体のため、角にゴールドのラインが走ると、オシャレに見えたのだ。

 ところが、曲面が多い現代F1マシンとなると、ゴールドのリーフが走る所がない!そこで無理やり「ブラック&ゴールド」のカラーリングを施すと、R31のようになってしまうというわけだ。
 おまけに有機体を思わせる現代F1マシンを黒く塗ると、なんだかゴキブリのようにも見える。昆虫恐怖症のボクはすごく気持ち悪く見えた。

 また、これだけコンパクトに収めたマシンを黒く塗ると、熱効率が非常に悪くなるんじゃなかろうか?最近は中東が多いだけに、いささか心配でもある。

 
テストの結果も悪くないだけに、表彰台の常連はありうるんじゃなかろうか?ロータス・ルノーGPが蹴落とす相手はメルセデスGPあたりだろう。シーズン4位なら万々歳ではないだろうか?

※先日R.クビサ選手がラリー走行中の大事故により、選手生命を脅かすほどのケガを負いました。ファンとして選手の復帰を心よりお祈りいたします。

【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆
【キーワード】

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。

新着クイズ

もっと見る

新着掲示板

もっと見る