TOP > ノンセクション > 日本を守る道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 日本を守る道場

石原都知事感涙。救国の英雄達に謝辞。政府からの「速やかにやらなければ処分する」との圧力に激怒

◇評価 45ポイント
◇閲覧回数 10,615
◇登録日
2011年3月22日
スナキホム
スナキホム
道場主

Lv.38

Check

前のネタへ
次のネタへ
「みなさんの家族や奥さんにすまないと思う。ああ…、もう言葉にできません。本当にありがとうございました」。
福島第1原発事故で放水活動を行って帰京した東京消防庁ハイパーレスキュー隊の報告会が、東京都の消防学校で行われた。石原慎太郎知事は救国の英雄達を前に感極まり、涙を流して謝辞を述べた。

「まさに命がけの国運を左右する戦い。生命を賭して頑張っていただいたおかげで、大惨事になる可能性が軽減された」と称賛。さらに、「このすさんだ日本で、人間の連帯はありがたい、日本人はまだまだすてたもんじゃないということを示してくれた。これをふまえて、これにすがって、この国を立て直さなければいかん」



報告会に参加した隊員の一人は「あの強気の知事が涙を流して礼を言ってくれた。上から物を言うだけの官邸と違って、われわれのことを理解してくれている。だから現場に行けるんだ」と話した。

石原知事は同日、首相官邸で菅直人首相と会い、福島第1原発での放水作業をめぐり、政府関係者から東京消防庁ハイパーレスキュー隊幹部に対して「速やかにやらなければ処分する」との圧力的発言があったとして、抗議した。石原氏によると、首相は「陳謝します。大変申し訳ない」と述べた。
石原氏は会談後、記者団に「現場の事情を無視して、(放水作業を)速やかにやれ(と指示があった)。やらなければ処分する、ということを上から言ってはいけない」と強調。さらに、「担当大臣(海江田万里)か何か知らないが、恐らく上から来るのだろう。そんなばかなことを言ったら戦が戦にならない。絶対言わせないでください」と首相に申し入れたことを明らかにした。

また、同隊が使用した放水車の連続放水能力は4時間が限度だったが、政府側の指示で7時間連続で放水したため、石原氏は「完全に壊れた」と説明した。

一方、枝野幸男官房長官は同日午後の記者会見で「これから調査する」と述べるにとどめた。 


(産経新聞、時事新聞参照)


[民主党の正体、原発の正体を暴く本はamazon.co.jpにて]



民主党の正体
矛盾と欺瞞と疑惑に満ちた、
日本人への恐怖の罠
≪備えて安心!≫
避難リュックセット
隠される原子力
核の真実
原子力の専門家が
原発に反対するわけ

【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。

新着クイズ

もっと見る

新着掲示板

もっと見る