TOP > レジャー・アウトドア > ヨーロッパ旅行道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 ヨーロッパ旅行道場

バス停にあるシェルター

◇評価 10ポイント
◇閲覧回数 21,721
◇登録日
2008年3月2日
Seaview
Seaview
道場主

Lv.47

Check

前のネタへ
次のネタへ
2005年11月、名古屋市に初めてお目見えしたものに、
B-Stop(登録商標)というシェルターつきバス停があります。
このバス停はエムシードゥコー(MCDecaux)という会社が名古屋市交通局と
共同で設置し、第22回名古屋市都市景観賞を受賞しました。
詳細は下記リンク(PDFファイル)を参照してください。
http://www.city.nagoya.jp/_res/usr/38703/22hyousyousakuhin.pdf

このエムシードゥコーという会社は、フランスで広告看板を手がける
JCDecaux(ジェーシードゥコー)と三菱商事の合弁会社です。
JCDecauxはフランスをはじめ、ヨーロッパ各地で
シェルターつきバス停のビジネスを展開しています。
また、他にもイギリスのクリアチャンネル社なども同様のビジネスを手がけています。

このシェルターの管理はこうなっています。
シェルターの会社はシェルターをバス事業者と協議してから設置します。
そして、管理もシェルター会社が行いますが、
費用は広告主が負担するというしくみなのです。

名古屋の場合、現状では広告主の大半は外資系企業になっていますが、
その理由は既にヨーロッパでは有力な広告媒体として
広く認知されているからなのです。

フランスでもイギリスでもこのようなスタイルの
シェルターつきのバス停は広く普及しています。
広告で多いのは映画のポスターです。

写真は左からパリ(ブリジットジョーンズ・きれそうなわたしの12ヶ月)、
ボーンマス(The Accidental Husband:イギリスでは2008年2月29日公開!)、
同じくボーンマス(1ポンドでカレーチキンバーガーと1ペニー硬貨
<座布団は含みません>が手に入ります@マクドナルド)での広告の実例です。
【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。