TOP > スポーツ > はじめてのbjリーグ道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 はじめてのbjリーグ道場

bjリーグ 往くヘッドコーチ、来るヘッドコーチ

◇評価 0ポイント
◇閲覧回数 4,487
◇登録日
2010年6月18日
ナリユキ
ナリユキ
道場主

Lv.10

Check

前のネタへ
次のネタへ

bjリーグの各チームでヘッドコーチの動きがありましたのでご案内を。


▼新潟アルビレックスBB 廣瀬昌也ヘッドコーチ 契約合意のお知らせ
http://www.albirex.com/news/index.html#0618


ということで、10周年を迎える来シーズンも、引き続き廣瀬HCが指揮を執ることになりましたw
いやぁ、2000年のチーム創設以来、ずっと指揮を執っていることになるわけですからスゴイですねぇ〜


昨シーズンは10月が2勝4敗、11月が0勝4敗と序盤でなかなか勢いに乗れなかったものの、12月には7勝1敗と大きく勝ち越し。
その後も、何とかやりくりしながらイースタン・カンファレンス3位を確保しプレイオフに進出したわけですが・・・


この時点で、チーム状態はボロボロm(__)m

試合を見ていても、チーム内に意識の統一は見られませんでしたし、何よりも平岡ACが自身のブログでチーム内のゴタゴタを暴露するなど、これで本当にプレイオフを戦えるのか???というようなチーム状態になっていました。
(参考記事: これが現実!

が、しかーし!!!
プレイオフでは、まるで違うチームに変貌していましたw


特に変ったのが、ディフェンス。
最初から最後まで足を使って相手オフェンスにプレッシャーをかけ続けると、カンファレンス・セミファイナルでは下馬評をひっくり返して仙台89ERSを撃破。


また、浜松・東三河フェニックスとのカンファレンス・ファイナルでも、試合開始直後から思い切ったダブルチームで相手オフェンスにプレッシャーをかけ続け前半をリードして折り返す展開に。
結果的には浜松#3大口の大爆発などがあって、最後は30点差近い大敗となってしまったものの、このカンファレンス・ファイナルでの新潟アルビレックスBBの激闘は、今後も長く語り続けられるんだろうと思います。

(ちなみに、新潟日報社の記事によると、廣瀬HCはプレイオフ後に体調を崩していたらしく・・・相当なストレスが溜まっていたのかもしれませんw)

来シーズンはチーム創設10周年となる節目の年。
チームの方針として「『戦う集団』、戦う姿勢を前面に出せるチーム作りを目指」すとのことですが、プレイオフで見せた激しいディフェンスを、シーズンの最初から最後まで続けることが出来れば、10周年目のチャンピオンも夢ではないでしょう。


6月15日に発表された仮保有権保持選手のリストに載っていたのは#41エチェフだけですので、外国人選手が大幅に入れ替わるのかもしれませんが・・・
何とか良い結果を残して欲しいなぁと思っております。

▼Apache pursuing veteran coach Hill
http://search.japantimes.co.jp/cgi-bin/sk20100618n1.html


Japan Timesの記事ですので英語です・・・すみませんm(__)m

が、どうやら記事によると東京アパッチが新ヘッドコーチとしてボブ・ヒル氏に触手を伸ばしているらしく。
で、更に記事を読み込んでいくと、ヒル氏はNBAでもヘッドコーチを務めていた経験がある方だそうです。


うーん・・・どうなんでしょうか?w


まあ、NBAでのヘッドコーチのキャリアは257勝212敗(勝率0.548)だそうなのですが、NBA流のやり方がbjリーグに合うかどうかは分かりません。
ただ、元・NBAプレーヤーのジョー・ブライアントHCが率いていた時には2年連続でファイナルまで進んだという実績があるだけに、ひょっとしたら東京アパッチには外国人コーチがあっているのかなぁという気もしています。


もちろん、まだまだ噂の域は出ませんが・・・チーム作りをスムーズに進めるためにも、早くヘッドコーチを決めて欲しいなぁと思っていますw

なお、予断ですが、琉球ゴールデンキングスにアーリーチャレンジで加入していた小淵選手の米国での様子も同じ記事に載っているのですが・・・
元・琉球ゴールデンキングスのプラネルズHCが小淵選手の米国キャンプの印象を次のように語っています。


He had his biggest problems on the defensive end where he wasn't able to match up speed and quickness with the other participants . . . several times he was just beat to the basket.


ディフェンスに難があるようで、スピードとクイックネスに付いていけず、得点を許すシーンが何度か見られた、とのことです。
うーん・・・どうなんでしょうかw


新人ドラフトで大阪エヴェッサが1位指名しましたが・・・
来シーズンもbjリーグで勇士を見ることが出来るんですかねぇ?w


▼はじめてのbjリーグ観戦ガイド 日本バスケを120%楽しもう♪
http://nipponbasketball.seesaa.net/

【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆
【キーワード】
登録されていません

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。

新着クイズ

もっと見る

新着掲示板

もっと見る