TOP > スポーツ > FIFAワールドカップ2010南アフリカ大会道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 FIFAワールドカップ2010南アフリカ大会道場

【カメルーン戦をデータで総括】日本代表の走行距離と課題

◇評価 70ポイント
◇閲覧回数 20,044
◇登録日
2010年6月16日

Check

前のネタへ
次のネタへ

カメルーン戦では、日本が身上とするパスサッカーを展開できず、
シュートも半分以下しか打てなかったが、FIFAランキングで格上のカメルーンを破った。

一番の要因は、とにかく相手に走り勝ったことが挙げられる。

カメルーンの出場選手が走った距離の合計は約103km。
一方、日本は約110kmで、一人分近くも多く走った。

【カメルーン戦 日本代表出場メンバー走行距離】

 GK 川 島 4.172km

 DF  駒 野 10.397km
    中 沢 8.977km
    闘莉王 9.114km
    長 友 10.883km

 MF 阿 部 10.592km
    長谷部 10.096km
    遠 藤 11.264km
    松 井 8.017km
    大久保 9.301km

 FW 本 田 11.092km

 交代 稲 本 0.801km
    矢 野 1.662km
    岡 崎 3.572km


 日本の合計 109.940km
 カメルーンの合計 102.958km



特にMF遠藤は両チームを通じて最長距離を走り、守備面で大きく貢献した。
”12人対11人”にすることで、相手のパワーやスピードに打ち勝った。

オランダ戦に向けての課題もはっきりした。
日本はパスを389本出して230本しか通っておらず、成功率は59%。
カメルーンの71%と比べて低い数字で、個人でも、大久保が交代選手を除いて最低の29%だった。

日本がオランダ戦で番狂わせ起こすには、
走り勝つのを大前提としてパスミスを減らす事が重要となる。

【中日新聞参照】

関連→ワールドカップ2010南アフリカ大会 グループ予選カメルーン戦

FIFAワールドカップ2010南アフリカ大会道場へTOPへ

【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。