TOP > レジャー・アウトドア > ヨーロッパ旅行道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 ヨーロッパ旅行道場

ロンドンバスの今昔

◇評価 20ポイント
◇閲覧回数 12,427
◇登録日
2007年12月10日
Seaview
Seaview
道場主

Lv.48

Check

前のネタへ
次のネタへ
ロンドンといえば、赤い2階建てのロンドンバスを
思い出す方も多いでしょう。

古い伝統的なロンドンバスは、正確にはルートマスターといいます。
運転手と車掌さんの両方が乗っています。
運転室は独立しているため、乗客とは隔離されており、
車掌さんが車内を回って運賃の収受をしています。

このバスは車体の一番後ろに乗り口があり、
そのまま階段を上がれば2階へ、上がらなければ1階となります。
ドアはついていないので、停留所でなくてもバスが停まっていれば
平気で乗客が乗り降りしますが、運賃は市内均一なので
このことによって運賃計算で不正が起こることはありません。

乗った後、車掌さんがまわってきて、
きっぷを持ってない人はお金を払って購入、持っている人は検札、
オイスターカードを持っている人は車掌さんが持つ携帯型端末にタッチします。

時代は流れ、老朽化及びバリアフリー等のEU統一基準にあわせるため、
古い2階建てバスのルートマスター(写真左)は
一部の車両動態保存路線(9系統など)を除きすべて廃止されました。
現在は近代化された前乗り中降りタイプの2階建てワンマンバス(写真中)が中心ですが、
最近は1階建て連節バスのメルセデスベンツ・シタロ(写真右)も登場しています。

また、ロンドン市交通局はバス路線の分割民営化を行なっており、
イギリス資本のアリーヴァグループ、ステージコーチグループ、
ナショナルエクスプレスグループのトラベルロンドン、
スコットランド資本のファーストグループ、
フランス資本のトランスデフなどが運行しています。
【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。