TOP > ミュージック > 音楽情報道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 音楽情報道場

映画『BECK』ダブル主題歌にレッチリ&オアシス

◇評価 21ポイント
◇閲覧回数 13,318
◇登録日
2010年3月31日
ももこ
ももこ

Lv.52

Check

前のネタへ
次のネタへ

映画『BECK』ダブル主題歌に
レッド・ホット・チリ・ペッパーズとオアシス!!


漫画家・ハロルド作石原作の人気コミックを実写化した映画『BECK』の製作報告会見が30日、都内で行われ、米バンドのレッド・ホット・チリ・ペッパーズと英バンドのオアシスの2大バンドがダブル主題歌を務めることが発表された。

会見に登壇した主演の水嶋ヒロは「出演できて大変光栄に思うのと同時に、大きなプレッシャーも感じました。原作に忠実に演じるというプレッシャーのなか、役を全うしました」と言葉をかみ締めつつ、天才ギタリストという役柄に挑んだことについて「楽器経験がなかったので、睡眠時間を削って練習しました」。堤幸彦監督は「完璧」と語り、期待感をあおった。

絶大的な人気を誇る米英メジャーアーティスト2組の“強力タッグ”が実現した。劇中のオープニングをレッチリの「Around The World」が飾り、エンディングはオアシスの「Don’t Look Back In Anger」。レッチリの荒々しいベース音が堪能できるアッパーチューンと、オアシスの大合唱定番のバラード曲が、『BECK』の持つ幅広い音楽の世界観を表現していく。

同作は天才的なギターテクニックを持つ竜介(水嶋)と、まだ自分の才能に気づいていない天性の声を持つ少年コユキ(佐藤健)の出会いをきっかけに、結成された5人組バンド・BECK(ベック)が、様々な苦難を乗り越え、夢に向かって成長していく青春ストーリー。

今作のためにギターを習い始めたという佐藤は「クランクイン1か月前に始めて、ギターの楽しさに割と早く気付けました。役柄もあって、変に気張ることなくやりました」と満足げな笑み。堤監督は「血のにじむ努力でした」と、マメをつぶしながらも奮起した佐藤らメンバーを称えていた。

会見には水嶋や佐藤をはじめ、桐谷健太、忽那汐里、中村蒼、向井理といったキャスト陣が一堂に会し、詰め掛けたファン150人を魅了した。映画『BECK』は9月4日(土)より公開。(Yahoo!ニュースをコピペでおJAL)




豪華な主題歌だねー!!既存の曲とはいえ凄いね♪
公開が待ち遠し〜♪♪
【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。

新着クイズ

もっと見る

新着掲示板

もっと見る