TOP > スポーツ > ワールドサッカー道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 ワールドサッカー道場

〈心温まるエピソード02〉日本で起きた事件を悲しむファーディナンド

◇評価 95ポイント
◇閲覧回数 22,789
◇登録日
2009年6月14日

Check

前のネタへ
次のネタへ
日本で開催された2008年のクラブワールドカップで、
マンチェスター・ユナイテッドの世界一に貢献したリオ・ファーディナンド。

心優しきこのタフガイは、あの痛ましい事件を忘れてはいなかった。

話は、ファーディナンドがリーズに所属していた2001年6月に遡る。

母親と同僚のスミス(現ニューカッスル)とともに日本でオフを楽しんでいた彼は、
観戦した日本代表とフランス代表のコンフェデ杯決勝にて両チームが捧げていた黙祷により、
その2日前に起こった池田小児童殺傷事件を知る。

心を痛めたファーディナンドは、その翌日、母親が楽しみにしていた京都旅行を急遽キャンセル。
スミスとともに、23人が死傷した池田小の現場に献花を捧げにいったのだ。

「国籍も肌の色も関係ない。ひとりの人間として冥福を祈りたかったんだ」

あれから7年半ーー。

ファーディナンドは、2008年の来日時にも、メッセージを添えて花束を贈った。

「あの悲しく痛ましい事件が、わたしの頭から離れることはありません。
いつかまた、追悼の意を捧げたいと思っていました。
残念ながら今回は、日程の関係で大阪に行けません。
どうか、わたしの代わりに献花をしてください。」


遠い異国の地である日本で起きた凄惨な事件を
心から悲しんだ やさしきセンターバック、リオ・ファーディナンド。
彼の行動は、ピッチの外でも強い輝きを放っていた。

〈心温まるエピソード01〉やさしき戦士ファン・ニステルローイ
【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。