TOP > 学問・研究 > 歯科手術用照明LEDライト、 歯科用照明器具、LED照明灯関連情報道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 歯科手術用照明LEDライト、 歯科用照明器具、LED照明灯関連情報道場

強度と、美しさを兼ね備えた、セラミックの中のセラミックとも言える歯科材料です

◇評価 0ポイント
◇閲覧回数 77
◇登録日
2019年9月23日

Check

前のネタへ
次のネタへ

審美歯科と言えば、皆さんは歯のホワイトニングを思い浮かべる人が多いと思います。他にも、欠けてしまった歯の補修なども行っており、歯の色だけでなく、“口内全体の美しさ”について様々な治療をするのが“審美歯科”なのです。ただ、やはり美白ブームのためか“ホワイトニング”を求めて来院する人は多いです。<o:p></o:p>

オートクレーブ 歯科

審美歯科でのホワイトニングと聞いて、よく疑問に思われるのは、歯を削って白くしているのか?ということです。ホワイトニングの方法の中には、確かに歯の表面を削り、かぶせ物をするという方法もあります。ですが、一般的には、削らなくてもよい、薬剤によるホワイトニングの方が主流になっており、好まれています。

芸能人の歯は、とても白くてきれいな色をしているのを見たことがある人は多いと思います。ああいった“綺麗な白い歯”というのは、ラミネートべニア、メタルボンドクラウンといった方法です。この方法は群を抜いて歯を白くすることができます。より“白くきれいな歯”を求めるのであれば、この方法がいいです。

なお、実は私たちの“歯”は、もともと純粋な白色をしていません。歯にも元々の色があって、白と言うよりは薄い黄色をしており、健康的な歯はアイボリーのような色をしています。そのため、「自然な歯の白さ」にしたいというご要望も増えています。被せものや詰め物は患者様の歯の本来の白さに合わせて作ることもできます。とても自然で、多くの方が治療後に喜ばれています。<o:p></o:p>

審美素材<o:p></o:p>

ジルコニア<o:p></o:p>

強度と、美しさを兼ね備えた、セラミックの中のセラミックとも言える歯科材料です。
ジルコニアを使用することで、従来のセラミックでの強度の心配がなくなり、奥歯や複数歯の連結されたブリッジなど使用範囲が大幅に広まりました。<o:p></o:p>

メタルボンド<o:p></o:p>

メタルボンドとは金属のまわりにセラミックを貼り付けたかぶせものです。中側が金属なので強度はオールセラミックより上がります。表面はセラミックで出来ているため、自然な色合いで審美性にも優れています。比較的強度が必要な個所の治療に適しています。<o:p></o:p>

根管長測定器

オールセラミック<o:p></o:p>

オールセラミックは金属を使わずに、特別な人工歯質材料(セラミック)を用いて作り上げます。強度が強く色も自然に美しく作ることが出来ます。金属を一切使用しないことで、天然歯の色調、透明感を再現し、より自然な仕上がりとなります。<o:p></o:p>

【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆
【キーワード】
登録されていません

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。

新着クイズ

もっと見る

新着掲示板

もっと見る