TOP > 学問・研究 > 歯科手術用照明LEDライト、 歯科用照明器具、LED照明灯関連情報道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 歯科手術用照明LEDライト、 歯科用照明器具、LED照明灯関連情報道場

ブリッジは、主に失った歯の本数が少ない場合に用いられる治療方法です。

◇評価 0ポイント
◇閲覧回数 137
◇登録日
2019年9月20日

Check

前のネタへ
次のネタへ

歯を失ったときの治療法<o:p></o:p>

むし歯や歯周病、不慮の事故により歯を失う&hellip;その時に選べる治療方法は大きく分けて「インプラント」「入れ歯」「ブリッジ」の3種類です。<o:p></o:p>

歯のブリッジとは<o:p></o:p>

ブリッジは、主に失った歯の本数が少ない場合に用いられる治療方法です。
喪失歯の両隣に残っている歯を削って土台を作り、そこにブリッジの名前の通り、橋を架けるように人工歯を被せます。違和感も少なく自分の歯のように噛むことができます。<o:p></o:p>

歯科 タービン 滅菌

外科処置をせず、体にやさしい<o:p></o:p>

ブリッジ治療は、インプラントと違って外科的な処置をしないので、糖尿病や高血圧などの人にもできる体にやさしい治療です。また、ブリッジは保険適用で作ることが可能で、部分入れ歯と比較するとやや高価ではありますが、インプラントと比較すると非常に安価です。保険外になりますが、セラミックで3本すべて白くできます。強度のあるセラミックで奥歯でも金属を使わずにブリッジができます。<o:p></o:p>

また、部分入れ歯と比較すると、安定性が高く異物感が少ないというメリットがあります。
治療期間も比較的短く、早ければ12週間で治療が完了する場合もあります。ただし、ブリッジは、失った歯の両隣の健康な歯を土台とするために削る必要があり、土台の歯には「大きな負担が掛かる」「歯垢が蓄積される」ことでむし歯や歯周病になりやすくなるというデメリットもあります。<o:p></o:p>

削らないブリッジ治療 ヒューマンブリッジ<o:p></o:p>

従来までのブリッジは、土台となる両隣の健康な歯を大きく削る必要がありました。
しかし、技術の進歩により、現在では「削らないで」ブリッジ治療を行うことが可能となりました。<o:p></o:p>

歯科 通販

従来のブリッジではエナメル質を全て削り取ってその下にある象牙質を露出させて被せ物を作っていました。そのため、ブリッジの被せ物の下がむし歯になるケースも多々ありました。<o:p></o:p>

「削らないブリッジ」は歯にとって一番大切なエナメル質を残してブリッジを作成することができるので、歯へのダメージが最小限となり、将来的にブリッジの下の歯がむし歯になるリスクを軽減することにも繋がります。また、インプラントに興味があるけど手術が怖い方、骨の量や全身疾患などがあってインプラント手術が難しいといった方にもおすすめしたい治療法です<o:p></o:p>

【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆
【キーワード】
登録されていません

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。

新着クイズ

もっと見る

新着掲示板

もっと見る