TOP > アニメ・漫画 > 韓国のTVドラマ紹介道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 韓国のTVドラマ紹介道場

1999年のNHK連続テレビ小説 すずらん DVD 大特価 5,000円

◇評価 0ポイント
◇閲覧回数 351
◇登録日
2019年8月26日
esjeen
esjeen
道場主

Lv.20

Check

前のネタへ
次のネタへ
視聴率20%越えが続くなど、絶好調のNHK朝の連続テレビ小説 すずらん DVD 大特価

大正時代末期に北海道留萌地方の駅に捨てられ、駅長に育てられたヒロインの母親探しと初恋を軸に、炭鉱で発展した町と鉄道(留萌本線)の栄枯盛衰をヒロインの一生を通じて描いた作品である。また、孤児院生活・シングルマザー・待機児童・お受験など子育て・教育に関しても合間を縫ってスポットを当てている。連続テレビ小説のヒロイン役で、新人ではなく子役時代からテレビドラマの演技実績がある女優(遠野凪子)が起用されたのは1990年代の作品では異例であった。すいか DVD

放送された1999年前半は同じ映画『鉄道員(ぽっぽや)』が公開されるなど、北海道を舞台とした鉄道員の生き様を描く作品の当たり年であり、放送終了後に映画版が製作された。ドラマ版の制作記者発表は鉄道にちなんだ作品として、1998年10月14日(鉄道の日)に交通博物館で行われた。全裸監督 DVD

留萌本線の恵比島駅(北海道雨竜郡沼田町)前に数々のオープンセットが建設され、栃木県の真岡鐵道から国鉄C12形蒸気機関車(C12 66)を借り、恵比島駅での発着や日本海を背景とした空撮シーンを大々的に撮影が行われた。蒸気機関車は方向転換のため留萌駅まで回送となり留萌本線の大半を走行しており、JR北海道が動態保存していた国鉄C11形蒸気機関車復活と「SLすずらん号」運行開始のきっかけとなった。

JR北海道では番組のスチルを使用した記念オレンジカードの発売が行われ、JR東日本では寝台特急『カシオペア』の上野駅での出発式(1999年7月)に登壇した橋爪功が次郎役の衣装で出発合図を出すなど、数少ない鉄道と実写作品の大々的なコラボレーションが実施された。また炭鉱で栄えた駅や明日萌温泉など、ロケ地の沼田町の史実が本編にフィードバックされ、「萌の丘」や「明日萌の里」(#明日萌駅周辺)の整備など同町の観光に多大な影響を残した。町営ほろしん温泉ほたる館(源氏の宿)では本作のポスターや写真などの展示が残されている。

『ひまわり』以降実施されていたサブタイトル導入や週末の次週予告が今作では実施されなかった[注 1]。また、放送中期にはエンディングテーマが挿入歌扱いでタイアップされていた(後の「てるてる家族」なども採用)。

晩年の主人公がルーツとなった地に降り立ち、激動の半生を回顧するという物語の構成は「おしん」と類似している。最終週では連続テレビ小説では少数の主人公の死と、プロローグとして本放送時の現代で子孫が活躍する次世代編が描かれ、死没した設定のメインキャストが別の役で出演したり、本放送時に一世を風靡したタレントがゲスト出演していた。

なお、本作以降の連続テレビ小説は終戦後の現代劇が続いたため、太平洋戦争のエピソードは「純情きらり」まで扱われなくなった。

すいか DVD

出演: 小林聡美, ともさかりえ, 市川実日子, 高橋克実, 金子貴俊
形式: 色, ドルビー
言語: 日本語
ディスク枚数: 4

【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆
【キーワード】

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。

新着クイズ

もっと見る

新着掲示板

もっと見る