TOP > アニメ・漫画 > 韓国のTVドラマ紹介道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 韓国のTVドラマ紹介道場

第56回ヒホン国際映画祭『川沿いのホテル』最優秀作品賞と最優秀脚本賞

◇評価 0ポイント
◇閲覧回数 869
◇登録日
2019年4月24日
esjeen
esjeen
道場主

Lv.20

Check

前のネタへ
次のネタへ
ホン・サンス監督の23作目の長編映画『川沿いのホテル DVD』が第56回ヒホン国際映画祭で最優秀作品賞など3冠を手にした。

ヒホン国際映画祭は、スペインのヒホンで1963年に始まった映画祭で、全世界の多彩な作品が参加する権威のある映画祭で、今月16日から24日までの9日間開かれた。人間、空間、時間、そして人間 DVD

ホン監督の『正しい日 間違えた日』が2013年、第53回ヒホン国際映画祭で最優秀作品賞を受賞している。女優キム・ミニは昨年、第55回ヒホン国際映画祭にて『夜の浜辺でひとり』で主演女優賞を受賞した。

今年、ヒホン国際映画祭では、ホン監督の『草の葉』と『川沿いのホテル』がそれぞれ特別上映、競争部門に招請され、上映された。韓国映画 お金

映画『川沿いのホテル』は、最優秀作品賞(AL MEJOR LARGOMETRAJE)と最優秀脚本賞(AL MEJOR GUION)を受賞した。男性主人公ヨンファンを演じたキ・ジュボンは主演男優賞を受賞した。キ・ジュボンは『川沿いのホテル』で、8月に開かれた第71回ロカルノ国際映画祭の主演男優賞を受賞している。

漢江を望む閑静なホテルに老詩人が泊まっている。彼は思うところあって、ふたりの息子をホテルのカフェに呼び出したが、息子たちは一向に姿を見せない。
一方、息子たちもホテルのカフェに到着し、長い間待っていたものの、父親は現れない。そして、途方に暮れていた老詩人がふと窓の外をのぞくと、一面の銀世界に美しいふたりの女性の姿が……。ふたりの女性は傷心を癒すためにこのホテルに宿泊していたのだった。息子たちとの再会を望みながらも、老詩人はこのふたりの女性のことが気になって仕方がなかった。
監督は韓国のジャン=リュック・ゴダール、エリック・ロメールの弟子と評され、ヨーロッパでも絶大な人気を誇るホン・サンス。本作ではこれまでの作品とは異なり、俳優の動きに合わせて、カメラを動かしながら撮影するという新しいスタイルを導入。臨場感あふれる映像作りを行った。
【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆
【キーワード】
登録されていません

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。

新着クイズ

もっと見る

新着掲示板

もっと見る