TOP > アニメ・漫画 > 中国・韓国ドラマあらすじ一覧・おすすめ道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 中国・韓国ドラマあらすじ一覧・おすすめ道場

2019高評価の中国ドラマ「霜花の姫〜香蜜が咲かせし愛〜」第11話:人間界での気晴らし

◇評価 5ポイント
◇閲覧回数 3,570
◇登録日
2019年6月21日
xiaobai
xiaobai
道場主

Lv.5

Check

前のネタへ
次のネタへ



旭鳳(キョクホウ)は錦覓(ジンミー)の気配を感じ、人間界に降りた。
早速、土地神を集めたが、誰も火神の仙童らしき娘を見ていないという。
すると他にもうひとり張福徳(チョウフクトク)という土地神がいると分かり、その管轄へ行くことにした。
一方、撲君(ボクセキクン)こと彦佑(ゲンユウ)は賭場で錦覓に荒稼ぎさせた資金で妓楼へ案内した。
しかし牡丹(ボタン)という名前の妓女がいると聞くなり錦覓は逃げ出してしまう。
牡丹と言えば長芳主しかしらない錦覓、てっきり連れ戻されると勘違いしたのだ。
理由を聞いた彦佑は大笑い、ふと錦覓が本当は女子だと思い出し、今度は男色の店に案内する。
錦覓は他の席にいる客の真似をして人間界の楽しみを学んでいたが、そこへ突然、旭鳳が現れた。
旭鳳は錦覓の手を取り、彦佑に栖梧(セイゴ)宮の者に手出しは許さないと言ったはずだと迫った。
すると潤玉(ジュンギョク)が駆けつけ、錦覓は自分の賓客だと教える。
そこで彦祐と話があると告げ、旭鳳に先に錦覓を連れて戻るよう頼んだ。
旭鳳と錦覓が郊外で待っていると、潤玉が彦佑を連れて追いついた。
彦佑はすでに殊勝な顔になっている霜花の姫 あらすじ
すると旭鳳は兄が錦覓を人間界に隠していたことに驚き、そのせいで濡れ衣を着せられたと訴えた。
潤玉は捕らわれの身となった友を助けたまで、まさかそんな大事になっているとは知らなかったと謝罪する。
2人の話を聞いていた錦覓はふと鳳凰が長芳主に自分の居場所を教えるかもしれないと心配になり、皆で酒でも飲もうと誘った。



屋敷に戻ると彦佑は罰として逆さ吊りにされた。
また錦覓の面倒を怠った土地神・張福徳も罰として苦役を命じられる。
すると彦佑は泣きながら反省の弁を述べた。
旭鳳は念のため錦覓の額に指を当てて調べると、根元は汚されていないと分かって安堵する。
錦覓は恩人の彦佑に同情し、旭鳳と潤玉を酔わせて助け出そうと決めた。
錦覓は酒を取りに行くと言って席を離れた霜花の姫 DVD
旭鳳は兄の様子から錦覓に気があると確信し、今のうちに警告しておく。
潤玉は言葉を失ったが、そこに錦覓が戻ってきたため話は終わった。
錦覓は2人に次から次へと酒を飲ませ、やがて潤玉は酔いつぶれた。
あとは旭鳳を残すのみだが、なかなか酔わずに手を焼く。
しかしよくよく見てみると、旭鳳は目を開けていたが、すでに泥酔していた。
そこで錦覓は旭鳳に肩を貸して寝所へ運び、約束通り千年の霊力が欲しいと頼む。
旭鳳は酔っていたが、約束を果たすために火の属性を和らげる水霊珠で錦覓に霊力を授けてくれた。



旭鳳と潤玉は彦佑がかつて窮奇を退けたと知って驚いた。
窮奇の霊力は斗姆元君(トボゲンクン)がほぼ封印していたとは言え、残された霊力も侮れない。
確かに彦佑の霊力は純粋で深く、他の十二支の仙人を凌ぐ力を持っていた。
すると先ほど彦佑が数手であっさり捕らわれのは、わざと力を抑えていたのだろうか。
それにしても水系法術を操り、火の霊力を恐れもしないとは。
その時、2人は彦佑が例の曲者の特徴と一致することに気づいた。
しかし旭鳳は今は静観し、背後にいる者を探ろうと提案する。
一方、何も知らずにぐっすり眠っている錦覓。
寝所を訪ねた旭鳳はそっと錦覓に別れを告げ、天界に帰って行った。
翌朝、目が覚めた錦覓は寝台に美しく輝くかんざしを見つけた。
喜んで髪に挿して中庭に出ると、潤玉がちょうどお茶を入れている。
錦覓は潤玉から旭鳳が天后の誕生日が近いためすでに帰ったと聞いた。
錦覓と潤玉は対局が途中だった碁の続きを始めた晩媚と影 DVD
潤玉はすぐ錦覓のかんざしに気づき、精巧な柄のかんざしだと探りを入れる。
【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆
【キーワード】

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。

新着クイズ

もっと見る

新着掲示板

もっと見る