TOP > 学問・研究 > 歯科手術用照明LEDライト、 歯科用照明器具、LED照明灯関連情報道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 歯科手術用照明LEDライト、 歯科用照明器具、LED照明灯関連情報道場

歯の根の形や、神経部分の形などは、人によって全く異なります

◇評価 0ポイント
◇閲覧回数 777
◇登録日
2019年2月16日

Check

前のネタへ
次のネタへ

虫歯の原因は、お口の中の細菌ですが、すべての細菌が病気を引き起こすわけではありません。<o:p></o:p>

お口の中には、たくさんの細菌が存在していて、良い働きをしてくれる細菌もいます。虫歯の原因となる細菌には、ミュータンス菌・ラクトバチラス菌などがあります。これらの細菌がお口の中に多く存在するほど、虫歯の発生リスクは高くなります。<o:p></o:p>

ハンドピース 歯科

神経を残すように努めています<o:p></o:p>

虫歯治療におけるポイントとして、天然の歯を削る範囲を最小限に抑えることに加え、神経をなるべく残すように心がけています。<o:p></o:p>

歯の神経を抜いた後のリスク<o:p></o:p>

痛いところの神経を抜いたからもう大丈夫だとお考えの方は少なくありません。ですが、歯の神経をとったからといって何も心配ないわけではありません。以外かもしれませんが、歯の神経を抜いた後であっても健康を損なうリスクが存在します。<o:p></o:p>

神経の取り残しの可能性
歯の根の形や、神経部分の形などは、人によって全く異なります。簡単に神経を取れる物から、複雑で完全に神経を取ることが難しい物まで様々です。特に奥歯になると根の形態が複雑になり、歯の神経を取り残しや炎症で、痛くなることがあります。
<o:p></o:p>

歯が脆くなりやすい
歯の神経を抜くと内部に栄養が送られなくなり、将来的に神経がある歯よりも、脆くなり割れたり、折れやすくなると考えられています。
<o:p></o:p>

歯を削る量が増える
神経を抜かない場合は最小限で済みますが、神経を抜くと被せモノをする傾向が増えるため、結果として多く歯を削ることがあります。
<o:p></o:p>口腔内カメラ

数年後のトラブル
治療が不完全になってしまった場合には、数年から数十年後に根の先端に膿が溜まるケースも考えられるため、再治療が必要になることがあります。ただし上記の神経を残して腐敗した場合に比べて、スピードはゆっくりです。<o:p></o:p>

神経はできるだけ残すように努めていますが、歯の状態が悪い場合は神経を取らないことのリスクの方が大きい場合もあります。状況に応じて、患者様の歯の健康を長期的に見据えた治療を行いますのでご安心ください。<o:p></o:p>

【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆
【キーワード】
登録されていません

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。

新着クイズ

もっと見る

新着掲示板

もっと見る