TOP > レジャー・アウトドア > ヨーロッパ旅行道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 ヨーロッパ旅行道場

日本のお菓子もヨーロッパ進出

◇評価 10ポイント
◇閲覧回数 11,037
◇登録日
2008年9月11日
Seaview
Seaview
道場主

Lv.48

Check

前のネタへ
次のネタへ
日本の菓子も、少数ながらヨーロッパに進出しています。
現在のところ主流は和菓子です。

ようかんで有名な「とらや」は1980年にパリに支店を出しました。
それ以来30年近くになり、フランス人の間にもすっかり定着しています。
生菓子は現地で職人さんが造っています。
また、フランスのお菓子マカロンを
和風にアレンジしたものもあり、好評です。

一方、岡山発祥の「源吉兆庵」(みなもときっちょうあん)は、
ロンドンの中心部・ピカデリーに支店を構えています。
ここでは「鎌倉 源吉兆庵」という看板を出していますが、
これは鎌倉にも出店していることが由来となっています。
パリにも店を出していましたが、歴史あるとらやには勝てず、
2008年7月末をもって閉店してしまいました。

日本から進出しているのは、和菓子だけではありません。
実はスーパーで普通に売られているお菓子にも、
日本のものがあるのです!

江崎グリコを代表するお菓子のひとつに
「ポッキー」があります。
このお菓子、フランスを中心にヨーロッパ各地でも人気です。

ただ、そのまま売っているわけではありません。
ヨーロッパでは「Mikado」(ミカド)という名前で売られているのです。
さらに、製造・販売も江崎グリコが独自で行っているのではなく、
フランスを代表する食品コングロマリットのダノン(DANONE)と提携して、
ダノンが持つ「LU」というブランドで発売しているのです。

このため、正確な商品名は、
「LU Glico MIKADO」となります。(写真)

ヨーロッパから輸入されるお菓子は日本でも人気がありますが、
日本のお菓子のユニークさもヨーロッパでは少しずつ認められつつあります。
しかし現地で定着するには、他のビジネスと同様に
相当な努力が必要であることに違いはないようです。
【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆
【キーワード】

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。