TOP > グルメ > ジブリの食べものはなぜかおいしそうにみえる道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 ジブリの食べものはなぜかおいしそうにみえる道場

ジブリ最新作、2作一挙公開!宮崎駿&高畑勲作品でジブリ史上初!

◇評価 15ポイント
◇閲覧回数 8,019
◇登録日
2012年12月14日
あるぷすの少女
あるぷすの少女
道場主

Lv.33

Check

前のネタへ
次のネタへ

ジブリ最新作、2作一挙公開!宮崎駿&高畑勲作品でジブリ史上初!





スタジオジブリが、2013年に宮崎駿監督の新作と高畑勲監督の新作を、一挙に公開することを発表した。宮崎監督が原作、脚本も手掛ける新作のタイトルは、『風立ちぬ』。高畑監督が原案、脚本も手掛ける新作のタイトルは、『かぐや姫の物語』。2作品同日に公開される。

宮崎監督と高畑監督の作品が一挙に公開されるのは、1988年に同時上映作品として公開された『となりのトトロ』『火垂るの墓』以来、25年ぶり。スタジオジブリにとっては同日に2作品がそれぞれに公開されるのは、史上初めてのこと。鈴木敏夫プロデューサーは、同日公開となった経緯について、「内実は、いろいろとやっていったら、こうなってしまった」と素直に明かした。

宮崎監督の新作『風立ちぬ』は、宮崎監督がゼロ戦開発者・堀越二郎氏をモデルに総合模型雑誌「月刊モデルグラフィックス」に連載した漫画が原作。「堀越氏はゼロ戦を好き好んで作ったのか?」という問いに、宮崎監督が切り込んでいく。音楽は、久石譲が担当。主題歌は9日に行われた『魔女の宅急便』『おもひでぽろぽろ』ブルーレイ発売記念トークイベントで、鈴木プロデューサーが松任谷由実に公開オファーを行っていた。

『かぐや姫の物語』は、高畑監督にとって、『ホーホケキョ となりの山田くん』以来14年ぶりの新作。2005年より製作を開始し、8年をかけて公開を目指す。鈴木プロデューサーによると、「『アルプスの少女ハイジ』の日本版」のような作品になるとのこと。日本最古の物語とされる「竹取物語」を題材に、高畑監督が原案、脚本も担当。製作は、『もののけ姫』『千と千尋の神隠し』の故・氏家齋一郎氏。脚本にはテレビドラマ「私が恋愛できない理由」の坂口理子も携わる。(取材・文:編集部・島村幸恵)

映画『風立ちぬ』『かぐや姫の物語』は2013年夏全国公開予定

【Yhaoo!ニュース コピペ】


最新作の題名『風立ちぬ』でしたね!
しかも今回は2作品同日公開!!!
楽しみですね。
観に行かなくては!!!
今回の映画には題名に「の」が入っていませんでしたね。
前回は息子の作品だったから題名に「の」が入ってなかった。

戦争系のお話は少し苦手なのですが、ジブリは大好きなので観ます!
宮崎監督が描く物語、絵、久石譲さんの音楽・・・観るしかない!!!

『かぐや姫の物語』もちょっと楽しみ。


公式サイト
『風立ちぬ』

予想ネタ
【2013年ジブリ最新作】ジブリの食べものはなぜかおいしそうにみえる道場〜番外編〜

【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。

新着クイズ

もっと見る

新着掲示板

もっと見る